ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10997] 【三重】Paramita Museum/河井ェ次郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:10:25

 菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=53で、1月2日から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆没後50年「河井寛次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」1/2(火)〜2/25(日)
     会期中無休
     入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
 島根県安来市に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に入学し、雑誌「白樺」を見て感銘を受けたバーナード・リーチと交友を結び、後輩の濱田庄司と出会った河井寛次郎(1890〜1966)。京都市立陶磁器試験所で技師として研讃を積み、1920(大正9)年、京都市五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、「鐘溪窯」と名づけ住居を構えた。その後1924(大正13)年、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結び、実用を重んじた力強い作品を生み出す。1926(大正15)年に「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加し、1936(昭和11)年に「日本民藝館」理事に就任。戦後は、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開。京都の旧宅であった河井寛次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品など陶芸や木彫や書、調度類などを紹介し、寛次郎の仕事の全貌とその深い精神世界を辿る。
緑釉人形図壺(1923年頃)
 灰釉筒描扁壺(1953年頃)
 流し薬瓶子(1927〜28年)
 繍花六方花瓶(1923年頃)
 竹製棚(1940年頃)

記念講演会:1/21(日) 午後2時〜 鷺 珠江氏(河井寛次郎記念館・学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー