ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10994] 【ご挨拶】本年もご利用ありがとうございました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 17:31:01

 今年も、各地のミュージアムへのご理解ご協力、ご訪問、そして本談話室をご利用ありがとうございました。
 今日は、午後から少し降られましたが、概して穏やかな関西でした。

 しかし、昨今の日本では少子高齢化、さまざまな弱者へのハラスメントやいじめ、なかなか癒えぬ災害の名残…、と走り続けてきた社会の停滞の側面が目立ち始めています。でも、それらに声をあげ改善に取り組むことに私たちが目ざめてきたこともひしひしと感じます。

 天皇陛下の退位が確かになって一つの時代の区切りが告げられると、「平成」はどんな時代だったか語られ始め、皇位継承の歴史や仕組みが注目されました。考えてみればこのたびの皇位継承の問題は、少子高齢化の問題が、日本の皇室にも及んでいる…社会の縮図なんでしょう。

 世界的には、北のパフォーマンスが加速し、非寛容な国々が増えたり、クリスマスを前に、米国大統領の独走が世界を惑わしました。

 こうして浮遊する社会のさまは、SNSやネットがどんどん速報してくれますが、それに一喜一憂するのではなく、もっと確かな世界、思想を固めておきたいな、と感じています。 

 芸術や歴史など人間が作りだした確かな文化を知るきっかけは、ミュージアムもその一端を担っています。もちろん、現代の社会を読み解く企画をじっくり練って打ちだしてこられる館もあります。そんなミュージアムをこれからも応援し続けてゆきたいな、と思います。どうぞ、来る年も、ご参加ご助力をお願い致します。

 この発言を本年しめくくりのご挨拶と致しますが、しばらく、新年開催の企画展の紹介をすることにします。ここをお読みの皆様にも、年越しの境い目にこだわることなく、ミュージアムの情報、感想を書き込んで頂ければ結構と存じます。どうぞ、良いお年をお迎えください。

                 本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー