ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10993] Re: 【愛知】名古屋ボストン美術館/鈴木春信 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/30(Sat) 11:37:54

Quitaさん、こんにちは

>  実は初めての名古屋ボストン美術館です。今回は「鈴木春信」です。
>  現在の知名度としては鈴木春信は北斎、広重、歌麿といった人から大きく落ちていると思いますが、浮世絵は本当はこういう絵暦のような実用的なもので、軽視してはいけない人ではないかと思います。

 現在の日本史の教科書では、寛政期に美人画の歌麿・役者絵の写楽が全盛だったが、奢侈・遊興に厳しかった松平定信によって、版元の蔦屋重三郎が罰せられて没収、化政期に伊勢参宮などの旅ブームを背景として、東海道五十三次の広重・富嶽三十六景の北斎が活躍する、という筋立てになっています。
 鈴木春信は、それに先立つ元禄期に、浮世絵の中でも多色版摺り「錦絵」の創始者として、まだ全時代の「風俗画」の名残をのこした作家として先駆者とされます。

>  春信作品は絵暦がかなりの比率を占めていました。そればかりではなく、文学の内容を表現したものも多くありました。
 「風俗画」すなわち、日々の生活を描いた作品たちで、街角や部屋の中の背景を大きく取り入れて、人物個人は大きくない描き方ですね。十二ヶ月?四季?全てを並べて見たことはないのですが、それで俳句の季語のように季節を表わすのが「絵暦」なんでしょうね。また、この展覧会の宣伝では「屋島」の変化形が出されていますが、『平家物語』や平安文学などを現代的(すなわち江戸風俗で)描いたものも発行されていたのですね(歌舞伎みたい)。歌麿・写楽の遊女や役者の大首絵は背景もないので、個人のブロマイドにすぎず、絵画作品としては、私は春信のものを見ている方が楽しいです。また、歌麿の美女は面長で(江戸の太夫のメイクの特徴?)、春信の美女は丸顔で可愛いタイプ(京の舞妓さん風?)で私の好みです。教科書に載っている「五常(智)」(これも出品されています)で書を教えている女性は、浅田真央そっくりにみえます。

>  名古屋ボストン美術館は閉館が決定したようです。来年に2つの企画展がありますが、10月8日の展覧会終了で閉館となります。
 閉館のことは聞いていました。ボストン美術館の借用料が高いのか、名古屋財界が支えきれなくなったような感じです。開館した当時は、常設を5年ごとの交代、企画展は半年毎で、いずれも本家ボストン美術館から借用することになっていましたが、常設が最初の5年1クールだけで、常設転じてボストンからの借用に限らない「オープンギャラリー」になっていましたものね。
 私は、最初の常設がオリエント・ギリシャ系のものでしたので、その時には行った覚えがあります。もう1度くらい行ったかな。展覧会名は覚えていません。今回の鈴木春信展は、上にも書いたように「待っていた」ものなのですが、4月にあべのハルカスに巡回してくるので、名古屋へは参りません。
>  ボストン美術館の至宝展 2/18-7/1
>  ハピネス〜明日の幸せを求めて 7/24-10/8
 こちらの2回のうちどちらかで、最後の訪問をすることになるでしょう。「ハピネス」は奇しくも、前発言にした森美術館の開館記念展の名称でした。
                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー