[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.10979] 【陶芸ガラス】平成30(2018)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 13:20:01

 年始から見られる、陶芸やガラス工芸の展覧会を紹介します。この発言を平成30(2018)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
江別市セラミックアートセンター,☆ロビー展「小森忍没後55年 結晶のきらめき」〜平成30年1/31(木)

【宮城】
藤田喬平ガラス美術館,☆「ガラスのお正月展2018」〜平成30年1/15(月)

【群馬】
群馬県立館林美術館,☆企画展「粋な古伊万里 江戸好みのうつわデザイン」平成30年1/20(土)〜4/8(日)

【東京】
LIXILギャラリー3,☆平井智展 「陶片・追憶」 平成30年1/6(土)〜2/20(火)
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「本多 典子展 陶芸・書・ちぎり絵」平成30年6/19(火)〜7/1(日)
サントリー美術館
 ☆「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」平成30年2/14(水)〜4/8(日)
 ☆「ガレも愛した−清朝皇帝のガラス」平成30年4/25(水)〜7/1(日)
伝統工芸青山スクエア,☆「美濃焼 小栗正男 作陶展」平成30年3/2(金)〜3/7(水)

【新潟】
雪梁舎美術館,☆「マイセン展」平成30年2/1(木)〜3/25(日)

【富山】
樂翠亭美術館,☆「煌めく美の表現−人間国宝から現代作家まで」平成30年1/6(土)〜3/21(水・祝)

【山梨】
富士見町高原のミュージアム,☆企画展「阪井茂治作品展」〜平成30年1/28(日)陶芸

【岐阜】
岐阜県現代陶芸美術館
 ☆ギャラリーI 開館15周年記念「1964 証言― 現代国際陶芸展の衝撃」〜平成30年1/28(日)
 ☆ギャラリーII「お茶の時間」〜平成30年3/25(日) 
多治見市美濃焼ミュージアム
 ☆企画展「美濃陶芸の明日展2017」〜平成30年1/14(日)
多治見市モザイクタイルミュージアム
 ☆特別展「陶磁器試験所と近代の建築装飾〜笠原モザイクタイルの先駆、山内逸三の学び舎〜」〜平成30年3/4(日)
瑞浪市陶磁資料館
 ☆企画展「伊藤文生のデザイン〜HOYAチャイナの美と挑戦と〜」〜平成30年2/12(月・振)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター,☆「早瀬聡美 陶展」平成30年1/23(火)〜1/28(日)
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆企画展「近世瓦を愉しむ  同時開催 新収蔵品展」〜平成30年1/21(日)

【京都】
樂美術館,☆開館40周年「樂美術館 新春セレクション」平成30年1/6 (土)〜3/11(日)
並河靖之七宝記念館
 ☆開館15周年記念 春季特別展「並河靖之―七宝の誉」平成30年4/6(金)〜7/22(日)
アサヒビール大山崎山荘美術館
 ☆没後40年「濱田庄司展 −山本爲三郎コレクションより」〜平成30年4/8(日)

【兵庫】
KOBEとんぼ玉ミュージアム
 ☆企画展「ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2018」平成30年1/13(土)〜4/2(月)
神戸らんぷミュージアム,臨時開館:平成30年1/26(金)午後3時〜9時(入館8時30分まで)無料
尼信博物館(尼信会館),☆3階展示室「桐山勝之 陶展」6/2(土)〜7/8(日) 
兵庫陶芸美術館
 ☆テーマ展2017年度著名作家招聘事業×テーマ展 
    「松本ヒデオ展−囲み取って賞でる〈陶の風景庭園〉」〜平成30年2/18(日)
【島根】
田部美術館,☆「楽山焼・布志名焼」
  四季の茶道具「新春の雪」
 「所蔵茶道具」平成30年1/2(火)〜2/18(日)

【広島】
松濤園
 ☆陶磁器館 所蔵品展IV「技を伝えるー陶芸の人間国宝たち」
        同時開催「古伊万里名品展」〜平成30年1/29(月)
 ☆陶磁器館 所蔵品展V「吉祥文、宝探しの愉しみー幸福を願う器」1/31(水)〜4/9(月) 
広島県立歴史博物館(ふくやま草戸千軒ミュージアム)
 ☆早春の展示「姫谷焼と福山藩内の近世陶磁器窯跡」平成30年1/19(金)〜3/11(日)

【福岡】
北九州市立小倉城庭園,☆企画展「小倉城庭園所蔵品展〜九州陶磁の魅力〜」〜平成30年1/28(日)

【沖縄】
那覇市立壷屋焼物博物館,☆「西村芳弘 展〜森話=Shinwa〜」平成30年1/30(火)〜2/12(月・振)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.10997] 【三重】Paramita Museum/河井ェ次郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:10:25

 菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=53で、1月2日から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆没後50年「河井寛次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」1/2(火)〜2/25(日)
     会期中無休
     入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
 島根県安来市に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に入学し、雑誌「白樺」を見て感銘を受けたバーナード・リーチと交友を結び、後輩の濱田庄司と出会った河井寛次郎(1890〜1966)。京都市立陶磁器試験所で技師として研讃を積み、1920(大正9)年、京都市五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、「鐘溪窯」と名づけ住居を構えた。その後1924(大正13)年、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結び、実用を重んじた力強い作品を生み出す。1926(大正15)年に「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加し、1936(昭和11)年に「日本民藝館」理事に就任。戦後は、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開。京都の旧宅であった河井寛次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品など陶芸や木彫や書、調度類などを紹介し、寛次郎の仕事の全貌とその深い精神世界を辿る。
緑釉人形図壺(1923年頃)
 灰釉筒描扁壺(1953年頃)
 流し薬瓶子(1927〜28年)
 繍花六方花瓶(1923年頃)
 竹製棚(1940年頃)

記念講演会:1/21(日) 午後2時〜 鷺 珠江氏(河井寛次郎記念館・学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11021] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/31(Wed) 21:39:30

 陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【宮城】
藤田喬平ガラス美術館,☆「ガラスのひなまつり展2018」〜3/12(月)

【栃木】
益子陶芸美術館,☆企画展「青の時代 現代日本の青磁」〜4/8(日)

【東京】
出光美術館
 ☆「宋磁 ―神秘のやきもの」4/21(土)〜6/10(日)
 ☆「染付―世界に花咲く青のうつわ」2019年1/12(土)〜3/24(日)
根津美術館,☆特別展「新・桃山の茶陶」10/20(土)〜12/16(日)
パナソニック汐留ミュージアム
 ☆「没後50年 河井寛次郎展―過去が咲ゐている今、未来の蕾で一杯な今―」7/7(土)〜9/16(日)
松岡美術館,☆館蔵「古伊万里 華やぎのうつわ」1/30(火)〜5/20(日)

【神奈川】
UKAI箱根ガラスの森
 ☆2018年仮面祭企画展「ヴェネチアン・カーニバル
   〜色鮮やかに演出するヴェネチアン・グラス〜」〜4/8(日)

【福井】
福井県陶芸館,☆「明治時代のふくい−近代のくらしとやきもの−」4/7(土)〜6/3(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「常滑陶彫会展〜六人の横顔〜」2/14(水)〜2/18(日)
 ☆「大久保理紗 陶展 image」2/20(火)〜2/25(日)

【広島】
海の見える杜美術館  ,☆「香水瓶の至宝〜祈りとメッセージ〜」3/17(土) ? 7/8(日)

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館
 ☆東洋陶磁「碗の世界」〜5/27(日)
 ☆陶芸2「華やぎのかたち ―染野夫妻コレクション」〜5/27(日)

【福岡】
直方谷尾美術館,☆宝 和美 展「drops〜春のめざめ〜」〜3/18(日)ガラス

【熊本】
熊本県伝統工芸館,☆産地交流シリーズ 熊本・鹿児島 陶芸交流展「肥薩の炎と土」〜3/18(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.11057] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/28(Wed) 22:20:32

 陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【北海道】
札幌芸術の森,☆特別展「リサ・ラーソン展〜スウェーデンのすてきな芸術一家〜」4/1(日) 〜 6/10(日)
江別市セラミックアートセンター,☆2018謝陶の集い「第18回工房利用者作品展」〜3/18(日)

【埼玉】
埼玉県立歴史と民俗の博物館,☆美術展示「陶磁器」〜3/18(日)

【東京】
LIXILギャラリー3,☆藤ノ木土平展「黙&吟」〜4/24(火)
早稲田大学會津八一記念博物館,☆富岡展示室「花と鳥」3/1(木)〜4/23(月)陶磁
永青文庫,☆早春展「細川家と中国陶磁−名品でたどる中国のやきもの−」〜4/11(水)
目黒区美術館,☆「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア」7/14(土)〜9/6(木)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第414回企画展「内田邦太郎パート・ド・ベール・ガラス作品展」3/7(水)〜4/1(日)
 ☆第415回企画展 第19回「三人展
  由木浩子(油彩)・河合祥子(ガラスデザイン)・上村由希(ガラスコラージュ) 」4/4(水)〜4/22(日)
 ☆第416回企画展「The Exhibition of KATAN ISHIKAWA」4/24(火)〜5/6(日)
ポーラ美術館,☆「エミール・ガレ 自然の蒐集」3/17(土)〜7/16(月・祝)

【富山】
富山市ガラス美術館
 ☆「北陸のガラス作家たち 多様化するガラス造形」〜3/25(日)
 ☆コレクション展2017−II「日常からの旅」〜6/3(日)

【愛知】
国際デザインセンター デザインミュージアム,☆「 草場一壽 陶彩画 新作名古屋個展」3/21(水・祝)〜3/26(月)瀬戸市新世紀工芸館,☆企画展「瀬戸市新世紀工芸館第十四期研修生修了作品展 第十五期研修生作品展」〜3/18(日)
瀬戸市文化センター,☆瀬戸市美術館企画展「加藤孝爾陶芸展」〜4/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.11088] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/ジャズ・スピリットを感じて 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:47:11

 甲賀市信楽町の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=32では、前衛的な現代陶芸の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画「ジャズ・スピリットを感じて…熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展」〜6/17(日)
    月曜休館(4/30は開館、5/1休館)
    入館料金:一般600円 高大生450円 中学生以下無料
 社会に根差す実験的で創造的な精神こそ伝統と感じ、強烈なサウンド、ジャズから時代精神を受け止め、戦後の前衛陶芸を率いた熊倉順吉の陶芸と、1970年代のクラフトデザイン運動の盛り上がりの中、産地信楽から刺激を受けた日常の器もあわせて紹介。また、彼の精神に触れ、信楽で滞在制作した若手作家たちの作品も併せて展示。信楽でさまざまな刺激を受けジャズを時代の読む手がかりとしていた熊倉と同様に、21世紀の今、訪れた信楽でそれぞれの手法で時代を捉えながら制作を行う陶芸家たちの作品を紹介。
 熊倉順吉「飛翔するSOUND」1981
     「ブルースマン」1980
 福岡佑梨「とをひらう」2017
 村山まりあ「Stuffed animals-Black Rabbit-」2017
 原 菜央「あゆみよる」2017
 田中哲也「輝器KAGAYAKI―斬ZAN」など

ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)4/30(月・祝)5/27(日)午後1時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11104] 【東京】戸栗美術館/金襴手−人々を虜にした伊万里焼−[4/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/25(Sun) 23:24:46

 渋谷の戸栗美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=218で4月より開催される陶磁器の展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「金襴手−人々を虜にした伊万里焼−展」4/4(水)〜6/21(木)
   月曜休館(4/30(月・祝)は開館、5/1(火)は休館)
   開館時間:午前10時〜午後5時(金曜は8時まで、入館受付は閉館30分前まで)
     毎月第4月曜日(4/23 5/28)は展示室で話しながら鑑賞できるフリートークデー
江戸時代、経済力を蓄えた町人を中心として発展した元禄文化で、色絵を施した豪奢なうつわを求める気運が高まり、この頃伊万里焼に“古伊万里金襴手様式”が成立。この色絵と金彩を施したうつわは富裕層の間で好まれ、伊万里焼の色絵を代表するものとなり、海外輸出向けにも古伊万里金襴手様式の壺や皿が生産され、西欧の王侯貴族にも好まれた。明治時代は様々な工芸品が鑑賞品として評価され、伊万里焼も鑑賞目的になった。江戸時代の高級食器から美術品へ、本展では絢爛豪華な古伊万里金襴手を展観する。
  色絵 荒磯文 鉢 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀初)
  色絵 花鳳凰文 皿 伊万里 江戸時代(18世紀前半)
  色絵 石畳蔓草文 皿 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀初)
  色絵 花卉文 輪花皿 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀初)
  色絵 雪輪亀甲文 桃形皿 伊万里 江戸時代(18世紀前半)
  色絵 獅子牡丹菊梅文 蓋付壺 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀前半)など

同時開催 第3展示室「磁器生誕から100年の変遷」
     特別展示室「伊万里焼ができるまで」
     1階やきもの展示室「今昔有田紀行」

展示解説日程:第2・4水曜(4/11・4/25・5/9・5/23・6/13) 午後2時〜
       第2・4土曜(4/14・4/28・5/12・5/26・6/9) 午前11時〜
フリートークデー:毎月第4月曜日(4/23・5/28) 午後2時〜ミニパネルレクチャー(予約不要)
とぐりの学芸員講座:午後2時〜3時30分頃
 5/21(月)「白化粧土で装うやきもの」森由美氏(学芸顧問) 
 6/11(月)「魅惑のやきもの、古九谷」黒沢愛氏(GM/学芸員)
 参加費1000円(入館料別)先着35名、電話で申し込み(03-3465-0070)
GW特別企画 やきもの展示解説 入門編
 5/2(水)〜5/6(日)午後2時〜 (予約不要)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11114] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/01(Sun) 17:58:07

 陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【宮城】
藤田喬平ガラス美術館,☆第6回「きもち 繋ぐ おくりもの展」〜4/11(水)

【秋田】
大村美術館
 ☆「アール・デコのガラスとデザイン
      −ルネ・ラリックのガラスを中心として −」4/1(日)〜7/17(火)
【茨城】
茨城県陶芸美術館,☆テーマ展「シンプルなかたち」〜6/17(日)

【栃木】
栗田美術館,☆特集陳列「伊萬里焼のかたち」〜8/26(日)

【東京】
伝統工芸青山スクエア,☆「京焼・清水焼 吉村楽入工房 新作発表展」 4/20(金) 〜4/25(水)
上野の森美術館
 ☆第32回「現代日本の七宝展」
  第31回「国際七宝ジュエリーコンテスト入賞入選作品展」4/8 (日)〜4/14 (土)
 ☆第10回「日本陶芸ガラス展」4/20 (金)〜4/24(火)
静嘉堂文庫美術館,☆「酒器の美に酔う」4/24(火)〜6/17(日)
戸栗美術館
 ☆「金襴手〜人々を虜にした伊万里焼〜展」4/4(水)〜6/21(木)
 ☆「古伊万里植物図鑑展」7/4(水)〜9/22(土)
 ☆「鍋島と古九谷―意匠の系譜―展」10/5(金)〜12/22(土)
 ☆「初期伊万里〜大陸への憧憬〜展」2019年1/8(火)〜3/24(日)
光が丘美術館,☆「田村耕一/陶芸作品展」6/29(金)〜9/24(月)

【新潟】
雪梁舎美術館,☆雪梁舎設立25周年記念「人間国宝 伊藤赤水展」10/14(日)〜11/18(日)
敦井美術館,☆開館35周年記念 榮吉翁が愛でた陶芸家「寺池静人展」4/9(月)〜6/23(土)

【福井】
福井県立こども歴史文化館,☆達人のひろば「越前焼展」〜12/9(日)
福井市愛宕坂茶道美術館,☆特別展「Love志野〜桃山が生んだ白のやきもの〜」〜4/22(日)

【山梨】
西湖いやしの里根場,☆匠や企画展「陶と藍染め 二人展」〜5/7(月)

【長野】
北澤美術館
 ☆開館35周年記念特別展「花のジャポニスム  
   − ガレ、ドーム、ラリックに咲く日本の花 −」4/4(水)〜2019年3/31(日)
サンリツ服部美術館,☆「麗しき日本のやきもの 伊万里・古九谷・鍋島・京焼」4/13(金)〜7/8(日)
飯田市美術博物館
 ☆コレクション展示「綿半野原コレクションの陶磁器2018名品選」〜7/8(日)
 ☆コレクション展示「綿半野原コレクションの陶磁器2019染付のころ」2019年2/16(土)〜7/7(日)

【岐阜】
光ミュージアム,☆「國領寿人の世界」〜5/17(木)陶芸
飛騨高山美術館,☆「花のコレクション展」〜7/20(金)ガラス
岐阜県現代陶芸美術館
 ☆「コレクション×キュレーター−7人の学芸員が紹介するコレクションの魅力」〜4/8(日)
多治見市文化財保護センター,☆企画展「陶器将軍 加藤助三郎」〜8/24(金)
多治見市美濃焼ミュージアム
 ☆小企画展「摺絵−美濃の型紙絵付−」 4/20(金)〜8/10(日)
 ☆企画展「向付−おもてなしのうつわ−」 5/18(金)〜8/26(日)
 ☆小企画展「戦時中の代用品(仮題)」平成30年8/15(水)〜10/28(日)
 ☆企画展「美濃陶芸の明日展2018」 8/31(金)〜2019年1/14(月・祝)
 ☆小企画展「江戸時代の食卓(仮題)」 2019年1/19(土)〜5/12(日)
 ☆企画展「美濃の茶入(仮題)」 2019年1/19(土)〜4/21(日)
多治見市モザイクタイルミュージアム,☆特別展「東京の銭湯とタイル―おとめ湯をめぐって―」〜6/10(日)

瑞浪市陶磁資料館
 ☆企画展「瑞浪陶芸協会作品展 究める」4/8(日)〜5/6(日)
 ☆企画展「館蔵品 銅版絵付けの美」5/19(土)〜7/8(日)
 ☆特別展「美濃 駄知のやきもの 室町、江戸、そして明治へ」7/21(土)〜9/16(日)
 ☆特別展「人間国宝 加藤孝造展 村田コレクションのすべて」10/6(土)〜11/25(日)
 ☆企画展「やきものの狛犬」12/8(土)〜2019年2/11(月・祝)
 ☆企画展「友の会作品展」2019年2/22(日)〜3/22(日)

【静岡】
モン・ミュゼ沼津 沼津市庄司美術館
 ☆「世界のガラス展」〜4/22(日)
 ☆「眞柄光男陶芸展」5/26(土)〜6/17(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「日韓交流陶芸展」4/3(火)〜4/8(日) 
 ☆「福田覚“日々の器”作陶展」4/24(火)〜4/30(月・振) 
大一美術館,☆企画展「〜ドーム兄弟〜ガラスの世界展」〜11/11(日)
愛知県陶磁美術館
 ☆開館40周年企画展「瀬戸陶芸の黎明―創作の源流を辿って―」 4/14(土)〜6/17(日)
 ☆特別企画展「知られざる古代の名陶 猿投窯」6/30(土)〜8/26(日)
 ☆企画展「THE YUNOMI 湯のみ茶碗―ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅」9/1(土)〜10/21(日)
 ☆特別企画展「瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製」10/27(土)〜12/16(日)
 ☆テーマ展示「愛知うつわ物語―江戸・明治のやきもの―」10/27(土)〜12/16(日)
 ☆企画展「愛知県陶磁美術館の受贈外国陶磁コレクション選」 2019年1/12(土)〜3/24(日)
 ☆テーマ展示「犬山焼―最新の研究成果とともに―」2019年1/5(土)〜3/24(日)
瀬戸市新世紀工芸館,☆ガラス企画展「井上剛 谷口嘉−集散する光−」3/31(土) 〜 平成30年6/17(日)
常滑市民俗資料館,☆常滑陶芸作家協会展「土塊の胎動」PartVIII〜4/22(日)
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆企画展「シルクロードの甍−往き交う暮らしと祈り 西安に届いた三州瓦−」4/14(土)〜6/17(日)
佐川美術館,☆「Black RAKU 樂吉左衞門の黒」〜9/30(日)

【京都】
茶道資料館,☆平成30年春季特別展「むしあげ 〜岡山に花開いた京の焼物〜」3/23(金)〜5/27(日)
樂美術館,☆開館40周年記念特別展「能と樂茶碗 幽玄と侘び ? 形の奥にある美意識」3/17(土)〜6/24(日)
八幡市立松花堂美術館,☆平成30年春季展 「藤平伸−やきものの詩人、茶陶に遊ぶ−」〜5/6(日)

【大阪】
大阪市立東洋陶磁美術館,☆特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」4/7(土)〜7/16(月)

【和歌山】
和歌山県立博物館,☆特別展「紀伊徳川家 やきもの新時代―富国と栄華の19世紀―」4/21(土)〜6/3(日)

【広島】
松濤園,☆陶磁器館 所蔵品展V「吉祥文、宝探しの愉しみー幸福を願う器」〜4/9(月)

【佐賀】
佐賀県立名護屋城博物館
 ☆テーマ展2「陶芸の技と心−武雄の現代の陶芸家たち17−」11/30(金)〜2019年1/14(月・祝)
小城市立歴史資料館,☆「中野良廣ガラス工芸品展〜幻想と優美の世界〜」〜4/15(日)
佐賀県立九州陶磁文化館
 ☆第115回「有田国際陶磁展」4/29(日・祝)〜5/6(日)
 ☆第27回「陶千房展」6/5(火)〜6/10(日)
 ☆テーマ展「幕末明治有田の豪商展ー蔵春亭と肥?山信甫−」8/3(金)〜9/2(日)
 ☆第17回「伊万里・有田焼伝統工芸士展」9/8(土)〜9/17(月・祝)
 ☆寄贈記念特別企画展「中島宏氏寄贈 古武雄−ふるさと大地の記憶−」10/6(土)〜11/25(日)

【熊本】
熊本市現代美術館
 ☆「村上隆現代陶芸コレクションに見る、バブル崩壊以降の
     スーパーフラット的な芸術ムーブメントの研究と展開。(仮題)」 12/15(土)〜2019年3/3(日)
【鹿児島】
長島美術館,☆長島美術館収蔵品による「小さな さつま焼展」〜6/24(日)
三宅美術館,☆「明治に生まれた作家たち1〜絵画および焼物〜」〜7/17(火)

【沖縄】
那覇市立壷屋焼物博物館,☆「シーサー展」4/3(火)〜4/22(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.11156] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/フランス宮廷の磁器 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:19:26

 中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33では、フランスの陶磁器の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「フランス 宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」〜7/16(月)
    月曜休館(4/30、7/16は開館)
    入館料金:一般1200円 高大生700円
      ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方と介護者1名
        大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
 ヨーロッパで磁器への憧れが高まった18世紀にパリ東端のヴァンセンヌに生まれ、国王ルイ15世がパリとヴェルサイユの間に位置するセーヴルへと移転して王立の磁器製作所となり、1769年には硬質磁器の開発に成功。宮廷御用達の画家や彫刻家が洗練された作品を生み出し、ルイ16世と王妃マリー・アントワネットに納めたほか、外交上の贈り物としても用いられた。革命後ナポレオンは新古典主義の作品を製作させ、19世紀半ばからの万国博覧会の時代にはテーブル・ウェアを越えた作品へ展開した。日本からは20世紀初頭に外国人作家として初めて、沼田一雅が型の製作に携わり、ピエール・スーラージュや草間彌生などの芸術家とのコラボレーションも行われている。本展では、製作所の300年の歴史を物語る、セーヴル陶磁都市の所蔵作品約130件を紹介。
 ポプリ壺「エベール」
   器形:ジャン=クロード・デュプレシ / 装飾:ジャン=ジャック・バシュリエに基づく 1757年
 ポプリ壺「ア・ジュール(透かし)」1752年
 スープ用の蓋付小鉢と受け皿 1781年
 壺「コテ・デュ・ロワ」1776年
 デザート皿《貝》「自然の産物のセルヴィス」より 1835年
 壺「テリクレアン」1842年
 ダンサーNo.13(テーブルセンターピース「スカーフダンス」より)1899−1900年
 《ゴールデン・スピリット》草間彌生 2005年  など

レクチャー:地下講堂にて学芸員による展示解説:5/19(土)6/9(土)6/24(日)7/14(土)
  午後2時〜30分(受付開始1時45分)定員70名、入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11168] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/05/02(Wed) 23:32:18

【東京】
LIXILギャラリー3,☆伊藤秀人展 「青瓷 釉の力」〜6/24(日)
伝統工芸青山スクエア
 ☆「益子焼伝統工芸士 大塚雅淑展」5/18(金) 〜5/23(水)
 ☆「赤津焼 稲垣鑛作展」5/25(金) 〜5/30(水)
 ☆「上野焼 守窯 作陶展」6/1(金) 〜6/6(水)
 ☆「波佐見焼 竹ノ下左千夫 作陶展」6/8(金) 〜6/13(水)
 ☆「備前焼天地窯・菅形基道作陶展」6/22(金) 〜6/27(水)
 ☆「瀬戸染付焼展 青の広場Vol7 夏こそ青ーSETO BLUEが冴える」6/29(金) 〜7/11(水)

【大阪】
大阪府立弥生文化博物館,☆平成30年度春季企画展「とんぼ玉100人展−輝く手のひらの華−」〜6/17(日)

【兵庫】
KOBEとんぼ玉ミュージアム,☆「硝子で表現された『それぞれの宇宙』展」〜5/29(火)
姫路市書写の里・美術工芸館,☆特別展示 「姫路藩窯東山焼展」9/1(土)〜10/21(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11188] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/02(Sat) 00:25:42

 陶芸やガラス工芸に関する新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【岐阜】
岐阜市歴史博物館,☆特別展 「粋な古伊万里 江戸好みのうつわデザイン」6/2(土)〜7/16(月・祝)

【福岡】
九州産業大学美術館,☆「梶原茂正教授退任記念展」11/1(木)〜11/11(日)陶芸
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11223] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/01(Sun) 17:43:28

【岩手】
岩手県立美術館,☆「“うつわ”ドラマチック展 世界の陶芸家たちが極めた”うつわ”の美」 11/14(水)〜12/20(木)

【長野】
富士見町高原のミュージアム,☆「〜遥かなる大地の記憶〜陶彫・書 市田志保ことのは展」〜7/16(月・祝)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館,☆歴博セレクション「美濃の茶陶−美濃古陶会コレクションより−」11/10(土)〜12/9(日)
光ミュージアム,☆「山本富彦ガラス展」〜9/18(火)
岐阜県現代陶芸美術館
 ☆コレクション展「日本の陶芸:器諸相 1950’s−60’s」
  「明治150年記念 近代の美濃陶芸1 明治期の革新」〜8/19(日)
多治見市モザイクタイルミュージアム
 ☆特別展「敷瓦の世界―「タイル」の前の物語―」〜9/24(月・祝)
土岐市美濃陶磁歴史館,☆企画展「お殿様の美濃焼生産−維新前夜の私領−」〜9/9(日)

【静岡】
静岡市美術館,☆「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」10/6(土)〜12/16(日)

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆爲三郎記念館「愛知県立芸術大学陶磁専攻柏会30周年記念展−柏会の軌跡−」8/4(土)〜10/8(月・祝)
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「林孝子 雅羅素と遊ぶ 清流無間断」7/3(火)〜7/8(日)
 ☆「森 信代 チャイナペイント展」7/10(火) 〜7/16(月)陶板画

【三重】
paramita museum,☆弄山生誕300年萬古焼所蔵館連携事業「萬古の名陶」〜7/29(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11239] 【大阪】関西大学博物館/地図皿にみる世界と日本 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/04(Wed) 23:53:24

 吹田市の関西大学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=96で行われている特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2018年度夏季企画展「神戸市立博物館選 地図皿にみる世界と日本」〜8/5(日)
     日祝日(7/16、8/5は特別開館)
     開館時間:午前10時〜午後4時
     入館無料
 地図を描いた陶磁器「地図皿」は、天保年間(1830〜44)に有田を中心に盛んに生産される。武士が出世を願ったものだが一般庶民にも大流行した。円形、角形、扇形、木の葉形などの形状に青海波、飛鶴、菊花、松葉などの様々なデザインに世界図、日本図、九州図などが広がる。現在でもわかる地名もあれば、一目国、長人国、小人国、女人国など奇妙な国々の名前も見られる。当時の人々は地図皿に、どのような世界と日本を見たか。本展覧会は、神戸市立博物館の地図皿コレクションから23件を展示。時代背景の理解のため、南蛮屏風(高精細複製)や地図、地誌書など関連資料も展示。
   三彩ユーラシア・アフリカ大陸図円形皿
   緑釉南北アメリカ大陸図六稜形皿
   染付千鳥に渦巻き文日本図円形皿  など

(1)講演会:7月14日(土)午後1時より 
「江戸時代のワンダーランド」小野田一幸氏(神戸市立博物館学芸課長)
「地図皿を彩る地図と意匠」中山 創太氏(神戸市立博物館学芸員)
  無料、要事前申込(定員100名、先着順受付)
件名を「地図皿講演会」とし、氏名(漢字・ふりがな)連絡先(電話番号・E-Mailアドレス)を記入し
E-mail:hakubutsukan@ml.kandai.jpもしくは往復はがきにて。

(2)学芸員による展示解説:7/24(火)午後1時〜30分

(3)キッズミュージアム 手作り南蛮屏風に挑戦:8/2(木)、8/3(金)
  参加無料、申込み方法は館サイトにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11255] 【東京】目黒区美術館/フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 00:23:30

 目黒区美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=188ではじまった陶芸の展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念「フィンランド陶芸
                       ―芸術家たちのユートピア」〜9/6(木)
     月曜休館(ただし、7/16(月・祝)は開館し、7/17(火)は休館)
     入館料金:一般800円 高大生・65歳以上600円 中学生以下 無料
           障がいのある方は半額・付添者1名無料。
           目黒区内在住、在勤、在学者は、証明書類提示で団体料金 
 これまでプロダクト・デザインだけが紹介され、作家による芸術作品はあまり知られなかったフィンランド陶芸の体系的な展示。黎明期から、最盛期ともいえる1950年代・60年代までを名作と共に辿る。
 1930年代後半から始まるフィンランド陶芸の躍進は、美術工芸中央学校における陶芸家育成と国を代表するアラビア製陶所美術部門すなわし国を挙げて芸術、文化の振興に取り組んだ結果、フィンランド陶芸は20世紀中期には世界的な潮流を生み出すまでに成長。 本展は、フィンランド陶磁器やガラス作品の世界的コレクターであるキュオスティ・カッコネン氏のコレクションを中心に、「フィンランド陶芸の萌芽」「近隣諸国の影響を受けて」「フィンランド陶芸の確立」「フィンランド陶芸の展開」「プロダクト・デザイン」の5章によって構成。
5. プロダクト・デザイン−フィンランドと日本
おもにアラビア製陶所で生産されたフィンランドの日用品には、隣国スウェーデンの影響が色濃くありました。しかし第二次大戦後、新たなデザインが求められると、同国に倣った機能主義に加えて、日本の美術や工芸にも影響を受けた製品が国内外で人気を博しました。本章では、日本でも人気の高いカイ・フランクらの食器セットなどを紹介します。
   アルフレッド・ウィリアム・フィンチ 花瓶 1897-1902年
   花瓶≪カレヴァ≫ 1906-1914年
   ミハエル・シルキン 彫像(駱駝) 1940年代
   キュッリッキ・サルメンハーラ 壺 1958年頃
   フリードル・ホルツァー=シャルバリ ボウル(ライス・ポーセリン) 1950年代
   ビルゲル・カイピアイネン 飾皿(テーブルのある部屋) 1980年代
   ルート・ブリュック 陶板《聖体祭》 1952-1953年
   トイニ・ムオナ 筒花瓶 1940年代      など

特別講演会:7/22(日)午後2〜4時、定員70名(先着順)入館券のみ
「フィンランドという国と人、その生活とデザイン」
      島崎 信氏(武蔵野美術大学名誉教授/日本フィンランドデザイン協会理事長)

大人のための美術カフェ:8/25(土)午後2〜3時 ナビゲーター:学芸員 入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11256] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/世界の形象土器 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 00:25:04

 信楽の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=33で開催中の変わった土器の収集展を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画「世界の形象土器 展」〜9/24(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般500円 高大生380円 中学生以下無料
 世界の国々でつくられている、自然の中の精霊や祖霊、あがめられている動物がうつわの模様や造形に表現され、その土地の素材である粘土や独特の手法によって制作された土器。1990年の現地調査等を経て収集した、インド、インドネシア、パプアニューギニア、メキシコ、グアテマラ、ペルーなどの世界各地の、人々の暮らしの中の祈りや願いが込められた形象土器形象土器の数々を展観。
  パプアニューギニア アイボム村 「サゴヤシ澱粉貯蔵用壺」
  パプアニューギニア アイボム村 「皿」
  インドネシア・カソンガン「ライオン」
  メキシコ・トナラ「ねこ」
  グアテマラ・トトニカパン「人面火鉢」
  ペルー・チュルカナス「仕事をする女」
  パプアニューギニア・セリキム「装飾土器」  など

レクチャー:8/11(土・祝)午後2〜3時30分、視聴覚室にて、予約不要、無料
「インドネシアの野焼土器」川崎 千足氏 

ギャラリートーク:学芸員:8/12(日)、9/23(日)午後1時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11274] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/30(Mon) 22:25:06

 新しい陶芸やガラス工芸の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問のご参考にして下さい。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館
 ☆「ガラスの水族館−海への愛 躍動する生命の表現−」〜9/10(月)
 ☆「モダンガラス展−伝統と現代デザインの融合 − 」9/11(火)〜12/3(月)

【岩手】
太陽と風の家(石と賢治のミュージアム)
 ☆大下邦弘「ガラスで創る宮沢賢治の世界」特別展 〜8/26(日)

【宮城】
藤田喬平ガラス美術館,☆「はじける夏がやってきた!〜グラスフェスト2018〜」〜8/22(水)

【秋田】
大村美術館,☆「ルネ・ラリックの色とかたち ーアール・デコのガラス作品ー」〜9/30(日)

【茨城】
水戸芸術館現代美術ギャラリー,☆「北林加奈子」〜10/8(月・祝)陶芸

【群馬】
高崎シティギャラリー,☆「暮らしの器ー土の軌跡ー松本茂晴作陶40年展ー」8/16(木)〜8/22(水)      
渋川市美術館 桑原巨守彫刻美術館,☆「龍窯〜受け継がれてゆくもの」10/5(金)〜11/4(日)

【東京】
LIXILギャラリー3,☆島村光展 「十三支・おくれてきたねこIV」〜9/3(月)
伝統工芸青山スクエア
 ☆「伊万里・有田焼 矢鋪・白須師弟展」8/3(金) 〜8/8(水)
 ☆「現代の名工 波佐見焼・正右衛門窯 青白磁展」9/7(金)〜 9/12(水)
 ☆「備前焼伝統工芸士会展」9/21(金)〜10/3(水)
松岡美術館,☆「松岡コレクション―水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁」〜10/13(土)
日本民藝館,☆「白磁」9/11(火)?11/23(金・祝)
五島美術館
 ☆特別展「東西数寄者の審美眼
   −阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクション−」10/20(土)〜12/9(日)
 ☆館蔵「茶道具取合せ展」12/15(土)〜2019年2/17(日)
五島美術館,☆館蔵「中国の陶芸展」2019年2/23(土)〜3/31(日)
世田谷美術館
 ☆没後40年「濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館 堀尾幹雄コレクションを中心に」〜8/26(日)
石洞美術館,☆「イスラーム陶器展」9/1(土)〜12/16(日)
八王子市夢美術館,☆「粋(いき)な古伊万里」11/23(金・祝)〜2019年1/20(日)
町田市立博物館
 ☆没後50年記念「加藤土師萌展」 12/8(土)〜2019年1/27(日)
 ☆「近代ガラスデザインの先駆者 淡島雅吉展」2019年2/9(土)〜4/7(日)

【神奈川】
箱根ラリック美術館,☆企画展「オパールとオパルセント 魔性の光に魅せられて」〜12/2(日)

【新潟】
敦井美術館
 ☆開館35周年記念 重要文化財「彩磁禽果文花瓶」を特別展示
    「陶聖 板谷波山展」 〜9/22(土)
【滋賀】
滋賀県立陶芸の森陶芸館,☆特別企画「世界の形象土器展」〜9/24(月・振)

【大阪】
大阪市立美術館,☆コレクション展「涼風颯々 夏のやきもの」7/31(火)〜9/2(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
 ☆特集展「古代イランの土器と青銅器−形と装飾」7/28(土)〜8/19(日)
 ☆特別展「高麗青磁−ヒスイのきらめき」9/1(土)〜11/25(日)

【兵庫】
三木美術館,☆「隠崎隆一展」〜8/19(日)陶芸

【岡山】
新見市法曽陶芸館 (猪風来美術館),☆「小野真由美 縄文土器展−大好きな縄文−」〜8/26(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          明日香 光二/馬場 英明


  [No.11339] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/09/02(Sun) 00:13:52

 陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問のご参考にして下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【岩手】
花巻市博物館,☆テーマ展「台焼」2019年2/16(土)〜5/6(月・振) 

【福島】
福島県立美術館,☆「土に挑む ─走泥社の作家たち─」9/15(土)〜10/14(日) 

【茨城】
茨城県陶芸美術館,☆「欲しいがみつかる・うつわ展−笠間と益子−」9/22(土)〜12/9(日) 
笠間日動美術館,☆「ベニス発!謎解き ガラスの美術館」〜9/30(日) 

【栃木】
栗田美術館,☆特集陳列「伊萬里焼の文様  文字」9/15(土)〜2019年2/24(日) 
佐野市立吉澤記念美術館,☆特別企画展「生誕100年 田村耕一展」10/20(土)〜 12/9(日) 
人間国宝田村耕一陶芸館,☆田村耕一生誕100年記念企画展「田村耕一の素顔」〜12/16(日) 
益子陶芸美術館
 ☆益子陶芸美術館 開館25周年記念「Reborn 長倉翠子の世界」〜9/30(日)
 ☆益子陶芸美術館 開館25周年記念「英国ラブリィ〜派 自然を愛して」10/6(土)〜12/9(日)
 ☆益子陶芸美術館 開館25周年記念「A la Table (ア・ラ・ターブル)
         −益子と笠間のうつわの饗宴−」12/16(日)〜2019年2/24(日)
 ☆益子陶芸美術館 開館25周年記念
 小企画「楽焼とスリップウェア」2019年3/2(土)〜5/6(月・振) 

【東京】
東京国立近代美術館工芸館
 ☆企画展・日本・スウェーデン外交関係樹立150周年
   「インゲヤード・ローマン展」9/14(金)〜12/9(日)ガラス工芸 
LIXILギャラリー3,☆「宜興 ―知識人が愛した書斎の急須―」9/6(木)〜9/23(日)
菊池寛実記念 智美術館
 ☆「陶と模様のものがたり  菊池コレクション展」〜11/4(日)
 ☆「作陶50周年 川瀬忍展」11/23(金・祝)〜 2019年3/24(日)
江東区中川船番所資料館,☆「江東まちのマイスター展 耐熱ガラスの美 坂硝」9/1(土)〜10/21(日)
 
【神奈川】
鎌倉・吉兆庵美術館
 ☆企画展「備前焼の魅力」9/29(土)〜2019年1/13(日)  
UKAI箱根ガラスの森
 ☆2018年特別企画展「─奇跡のガラスを生んだ─
          華麗なるバロヴィエール一族展」〜11/25(日) 
【新潟】
新潟市新津美術館
 ☆「北欧の陶芸家 リサ・ラーソン展 暮らしを愛するすべての人へ」9/1(土)〜11/11(日) 

【富山】
富山市ガラス美術館,☆「富山ガラス大賞展2018」9/15(土)〜11/25(日) 
庄川水資料館 アクアなないろ館,☆「伊藤雅樹 陶芸展」9/15(土)〜10/14(日) 
射水市新湊博物館,☆開館20周年記念「石黒宗麿展」9/14(金)〜11/25(日)

【石川】
石川県立歴史博物館,☆企画展「いしかわ中世のやきもの」12/15(土)〜2019年1/20(日) 
石川県能登島ガラス美術館
 ☆特別展「ガラスのうつわ 手から生まれる暮らしのかたち」〜11/4(日)
 ☆テーマ展「透かし見る−ガラスの風景」11/10(土)〜2019年3/31(日)
錦窯展示館
 ☆特別展 明治150年「工芸の冒険」
     「若き工芸家たちの冒険―九谷NOW−」 9/29(土)〜11/18(日)  
石川県九谷焼美術館
 ☆企画展 第8回「九谷焼伝統工芸士会作品展」9/1(土)〜9/30(日)
 ☆特別展 北前船日本遺産認定記念第1弾
  「東北・北海道に渡った九谷焼」10/6(土)〜12/2(日)
 ☆新春展「新春の彩り」12/15(土)〜2019年1/27(日)
 ☆特別展 北前船日本遺産認定記念第2弾
  「ナゾの陶磁器 箱館焼と蝦夷試制」2019年2/9(土)〜4/7(日) 
魯山人寓居跡 いろは草庵,"☆企画展「魯山人の染付」〜9/25(火)

【山梨】 
河口湖美術館,☆企画展「魯山人の宇宙」10/27(土)〜12/24(月・振) 

【長野】
松本市美術館
 ☆姉妹都市連携企画・門外不出の藤沢市コレクション「江の島浮世絵展〜信仰と観光の歴史〜」〜 9/30(日)

【岐阜】 
岐阜県現代陶芸美術館,☆没後50年記念「加藤土師萌展」 9/8(土)〜11/4(日) 
土岐市美濃陶磁歴史館,☆特別展「瀬戸物として売られた美濃焼−江戸時代の焼物生産と販売−」9/15(土)〜11/25(日) 

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「陶・絵二人展21〜石川孝夫(父)磁器染付・静江(娘)日本画〜」9/19(水) 〜9/24(月・振)
豊橋市美術博物館,"☆北澤美術館所蔵「ルネ・ラリックの香水瓶
 アール・デコ−香りと装いの美−」9/22(土)〜11/18(日) 
瀬戸市新世紀工芸館,☆企画展 陶磁/栄木正敏・絵画/栄木房子「ハッピーアワー」〜9/23(日)
瀬戸市文化センター,☆瀬戸市美術館特別展「ガラス表現の今 GEN―ガラス教育機関―作品展」〜9/24(月・振)
INAXライブミュージアム
 ☆「急須でお茶を―宜興・常滑・香味甘美」〜9/25(火)
 ☆「染付古便器コレクション展」〜2019年3/31(日)  
知立市歴史民俗資料館
 ☆同時開催! 愛知やきものヒストリー2018「色いろなやきもの」〜9/9(日)  
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆企画展「屋根を飾る」9/13(木)〜11/11(日)
 ☆特別展「森克徳展」2019年1/26(土)〜3/24(日)陶芸

【三重】 
石水博物館
 ☆生誕140年記念特別展「川喜田半泥子と乾比根会(からひねかい)
    −豊蔵・休和・陶陽 陶友たちとの桃山復興−」9/21(金)〜12/2(日)
 ☆生誕140年記念企画展II「若き日の川喜田半泥子
    −陶芸を始めるまで−」12/7(金)〜2019年2/3(日) 
【滋賀】
佐川美術館,☆「Black RAKU 樂吉左衞門の黒」〜9/30(日) 

【京都】
八幡市立松花堂美術館,☆平成30年初秋の小展示「くらしの器 やわた南山焼」9/8(土)〜10/8(月・祝) 

【大阪】
阪急うめだギャラリー
 ☆「英国が誇る創業260年の名窯 その魅力を様々な角度から
   ウェッジウッド展 ♯最高の家時間」9/12(水)〜9/17(月・祝)
【兵庫】 
KOBEとんぼ玉ミュージアム,☆企画展「パンダ博覧会」〜10/2(火) 
尼信博物館(尼信会館),☆3階展示室「辰己正美 陶展」〜9/30(日)  
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館,☆「THE 出石焼展II−魅せられる古の超技−」〜10/1(月) 
兵庫陶芸美術館
 ☆特別展 県政150周年記念事業
   「ひょうごのやきもの150年―技・匠からアート・個性へ―」〜9/9(日)
 ☆テーマ展「丹波の民藝 生田和孝の陶業」〜9/9(日)
 ☆テーマ展「丹波焼の世界 season2」〜2019年3/24(日)
 ☆特別展 兵庫県政150周年記念事業 「没後50年 河井_次郎展
     −過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今−」9/22(土)〜12/9(日) 
【奈良】
奈良市美術館,☆「清澄窯  陶芸作品展」9/15(土)〜9/17(月・祝) 

【島根】
田部美術館,☆「楽山焼・布志名焼」 〜9/30(日)  
出雲市立出雲文化伝承館,☆特別展「陶磁器名品展」2019年3/23(土)〜3/31(日) 

【岡山】
岡山・吉兆庵美術館,☆「北大路魯山人展−五感で味わう美−」9/4(火)〜12/2(日)  
日本郷土玩具館,"☆「十河隆史 食と花の器展」9/1(土) 〜 9/25(火)
新見市法曽陶芸館 (猪風来美術館),"☆企画展「生命の尊厳―猪風来の土偶展」9/1(土)〜11/25(日)

【広島】
はつかいち美術ギャラリー
 ☆「2018 ポーセラーツ作品展」9/12(水)〜9/16(日)
 ☆「土璃夢 第5回作陶展」9/19(水)〜9/23(日) 

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館
 ☆「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」〜9/24(月・振)
 ☆陶芸1「陶―生命の讃歌II」〜11/25(日)
 ☆陶芸2「現代の茶陶―松下寛コレクション」〜9/9(日) 

【徳島】
大塚国際美術館,☆大塚オーミ陶業の「多彩な表現展2018」9/11(火)〜10/8(月・祝) 

【愛媛】
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館),☆「安倍安人展〜改革する備前とその周辺〜」〜10/28(日)陶芸
 
【福岡】
出光美術館(門司)
 ☆「青磁と白磁」11/9(金)〜12/24(月・振)
 ☆「楽茶碗と京の華」2019年1/11(金)〜3/24(日) 
甘木歴史資料館,☆秋季企画展「小石原焼に関する展覧会(仮称)」 10/2(火)〜12/2(日)  

【佐賀】
佐賀大学美術館,☆「見えた!? 三重津海軍所 佐賀藩海軍特注磁器の謎」〜9/17(月・祝) 
有田町歴史民俗資料館・有田焼参考館,☆企画展「万博に賭けた夢〜有田人の万国博覧会」10/27(土)〜11/25(日) 

【鹿児島】
鹿児島県歴史資料センター 黎明館
 ☆明治維新150周年記念黎明館企画特別展「華麗なる薩摩焼」12/25(火)〜2019年2/24(日)
三宅美術館,☆絵画および焼き物展「明治に生まれた作家たち2」〜10/23(火) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


  [No.11366] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/01(Mon) 23:14:33

 陶芸やガラス工芸の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【神奈川】
神奈川県民ホールギャラリー,☆倉田正巳 作陶展「軌跡」10/9(火)〜10/14(日)   

【長野】
安曇野高橋節郎記念美術館,☆第7回「そば猪口アート公募展」10/2(火)〜11/4(日)

【兵庫】
伊丹市立工芸センター,☆2018「伊丹国際クラフト展“酒器・酒盃台”作品展」11/17(土)〜12/24(月・祝)

【奈良】
寧楽美術館,☆企画展「翡色と象嵌の高麗青磁・型押しの李朝粉青沙器」10/1(月)〜2019年2/24(日)

【広島】
松濤園
 ☆陶磁器館 所蔵品展III「古伊万里色絵の世界ー所蔵名品展ー」〜11/26(月)
 ☆陶磁器館 所蔵品展IV「古伊万里の装飾と文様」11/28(水)〜2019年1/28(月)

【沖縄】
那覇市立壷屋焼物博物館,☆「神原こども園親子焼物展」10/3(水)〜10/8(月・祝) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11397] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/31(Wed) 23:43:09

 陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問のご参考にして下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【群馬】
群馬県立日本絹の里,☆第84回特別展「生糸貿易の偉人とオールドノリタケ」〜12/10(月)
高崎シティギャラリー
 ☆第3展示室「京陶会第6回陶芸作品展」11/22(木)〜11/28(水)
 ☆予備室「佐藤けい陶芸教室展」 11/30(金)〜12/4(火)

【千葉】
我孫子市立白樺文学館,☆「我孫子築窯80周年年記念 河村蜻山展」(後期)11/1(木)〜平成31年1/27(日)

【島根】
安来市立加納美術館
 ☆加納溥基コレクション「備前焼−古備前から現代作家までー」10/27(土)〜12/24(月・振)

【愛媛】
愛媛県美術館,☆「石本藤雄展−マリメッコの花から陶の実へ−」〜12/16(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


  [No.11420] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/05(Wed) 23:13:24

 年末に向けて、陶芸やガラス工芸の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館
 ☆ 「レースガラス展−ガラスの糸が優美に織りなす − 」 12/4(火) 〜 2019年3月下旬

【群馬】
安中市学習の森 安中市ふるさと学習館(歴史資料展示施設)
 ☆第20回企画展「安中のやきもの−秋間古窯跡群から自性寺焼へ−」12/1(土)〜2019年2/25(月)

【京都】
樂美術館,☆開館40周年 秋期特別展 「光悦考」〜12/9(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11384] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/高麗青磁−ヒスイのきらめき 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/07(Sun) 10:13:16

  中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33では、朝鮮半島の陶磁器の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「高麗青磁−ヒスイのきらめき」〜11/25(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1200円 高大生700円  館サイトに割引券あり
       中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
       大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)
 高麗王朝(918-1392)の滅亡とともに姿を消した「幻のやきもの」高麗青磁は19世紀末から20世紀初頭にかけて、墳墓や遺跡などの発掘から再び世に現れ、翡翠色の美しい釉色(ゆうしょく)で一躍脚光を浴びた。
 道教も盛んであった高麗王朝の祈りの場や儀礼、喫茶具や飲酒具などに用いるために高麗青磁が誕生し、独自の発展をした。高麗王朝建国1100周年にあたる平成30年、本展では、館蔵の高麗青磁を中心に、国内の代表作も加え「祈り」と「喫茶文化」、「飲酒文化」を切り口に高麗青磁の至玉の名品約250件を展示。
  重要文化財・青磁陽刻 龍波濤文 九龍浄瓶 高麗時代・12世紀
  重要文化財・青磁陽刻 蓮唐草文 浄瓶 高麗時代・12世紀
  青磁透彫 唐草文 箱 高麗時代・12世紀 など

ミニレクチャー:11/4(日)午後2時〜焼く30分(受付開始1時45分)地下講堂にて、定員70名当日先着順
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11235] 【長野】北澤美術館/花のジャポニスム 投稿者:   投稿日:2018/07/02(Mon) 23:28:43

こんにちは

 6月30日に、北澤美術館の「花のジャポニスム - ガレ、ド-ム、ラリックに咲く日本の花 -」を見てきました。

 ここはリニューアル以来、1年間の企画展が常態化しています。

 ドームやラリックもありますが、ガレが中心となっていました。花をテーマとしているので、ヨーロッパの花とは違う日本の花の特徴を出しています。

 ここは現在、よくある専用の音声案内機に変えて、館内の無線LANを使ってスマートホンで解説が聞けるようになっています。隣のサンリツ服部美術館も似たようなシステムの案内を使っています。岡谷市のイルフ童画館は「ポケットキュレーター」というアプリでやっていたと思います。


  [No.11248] Re: 【長野】北澤美術館/花のジャポニスム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:54:21

Quitaさん、こんにちは

>6月30日に、北澤美術館の「花のジャポニスム - ガレ、ド-ム、ラリックに咲く日本の花 -」を見てきました。
>ここはリニューアル以来、1年間の企画展が常態化しています。
そうですか、かつてはもう少し短いサイクルでしたね。常設展示を、大きく入れ替える、という感じに見ても良いのでしょう。

> ドームやラリックもありますが、ガレが中心となっていました。花をテーマとしているので、ヨーロッパの花とは違う日本の花の特徴を出しています。
 日本が近代化するために西洋の文化を求めていた時代、ヨーロッパで日本文化がもてはやされていたことに不思議さを感じますが、それは「自然を大切にする日本文化」であると思います。対極的なものを互いに求めていたことがアートに表わされていますね。 

> ここは現在、よくある専用の音声案内機に変えて、館内の無線LANを使ってスマートホンで解説が聞けるようになっています。隣のサンリツ服部美術館も似たようなシステムの案内を使っています。岡谷市のイルフ童画館は「ポケットキュレーター」というアプリでやっていたと思います。

かつて、私も博物館で音声ガイドシステムに関わったこともありますが、自分が使う側になると、けっこう面倒くさくて使わないものなんです。また、端末を有料で貸し出し、となるとますます遠のきます。使い慣れた、自分の持ち物で聞けるようにする、というのは、比較的良い方法だと思います。

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11155] 【東京】サントリー美術館/ガレも愛した−清朝皇帝のガラス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:18:42

 六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=49で開催中の歴史的なガラス展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ガレも愛した−清朝皇帝のガラス」〜7/1(日)
    火曜休館(shop×cafeは会期中無休)5/1(火)と6/26(火)は6時まで開館
    午前10時〜午後6時(金土と4/29、5/2、5/3は8時まで)
             5/6(土)は六本木アートナイトのため午後12時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1300円 高大生1000円 中学生以下無料
           ※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名無料
           ※5/26(土)はアートナイト割引で入館料一律500円(一般、大学・高校生共通)
           100円割引:ウェブサイト限定割引券提示、携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示
                  あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
 春秋時代末期から戦国時代(紀元前5〜前3世紀)に儀式用や装飾品として貴石や玉の代用品の役割を果たした中国のガラス。清王朝第4代康煕帝(在位1661−1722)が紫禁城内にガラス工房・玻璃廠を設置し、第5代雍正帝、第6代乾隆帝の治世に栄華を極める。最盛期の清朝のガラスは重厚で卓越した彫琢が際立ち、フランス・アール・ヌーヴォー期を代表するエミール・ガレ(1846−1904)をも魅了し、彼の造形に取り込まれた。本展は、清朝皇帝のガラスの美を、ガレの作品とも比較しながら、有数のコレクションで紹介。
 玉琉璃象嵌帯鉤 戦国時代(紀元前4〜前3世紀) 中国
 藍色鉢 清時代・おそらく雍正年間(1722-35) 中国
 青色文字入双耳瓶 乾隆年製銘 清時代・乾隆年間(1736-95) 中国
 雪片地紅被騎馬人物文瓶 乾隆年製銘 清時代・乾隆年間(1736-95) 中国
 乳白地多色貼獅子文扁壺 大清乾隆年製銘 清時代・乾隆年間(1736-95) 中国
 青地赤茶被魚蓮文瓶 乾隆年製銘 清時代・乾隆年間(1736-95) 中国
 花器「おだまき」 1898-1900年 エミール・ガレ フランス
 雪片ガラス地五彩仙果文鼻煙壺 清時代 18世紀 中国
 青地茶被バッタ文鼻煙壺 清時代 18世紀 中国  など

フレンドリートーク:毎週土曜日(5/26をのぞく、5/27(日)に振替)午前11時〜、午後1時〜、3時〜
            1階レクチャールーム、定員各回30名、約20分

見どころトーク:学芸員による:5/13(日)、6/17(日)午前11時〜、午後2時〜、
            6階ホール、定員各回80名、約30分

体験型ミニレクチャー「はじめてひらく 美のとびら」シリーズ 清朝皇帝のガラスの巻
  4/30(月・休)、5/3(木・祝)、5/17(木)、6/8(金)、6/24(日)午前11時〜、午後1時〜、3時〜
            6階ホール、各回40名、当日整理券配布

「六本木アートナイト2018」 和の演芸ひろば:5/26(土)午後6時30分〜、8時〜、9時30分〜
 林家 花 氏(紙切り)、宮田 章司 氏(江戸売り声)、KYOKO(和妻)
    混雑状況により入場制限する場合あり)、無料

「六本木アートナイト2018」 MIZUNOMICHI 5/26(土)午後6〜11時(出入り自由)
曽谷 朝絵 氏(混雑状況により入場制限する場合あり)、無料

「六本木アートナイト2018」 フレンドリートーク:5/27(日)午前11時〜、午後1時〜、3時〜(約20分)
  定員:各回80名(先着順)無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明