[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.10974] 【洋画】平成30(2018)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 13:17:08

 年始から見られる、外国絵画の展覧会を紹介します。この発言を平成30(2018)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【福島】
諸橋近代美術館
 ☆企画展「Dear Ms.Crook 〜パメーラ・ジューン・クルック展〜」平成30年7/8(日)〜10/21(日)(予定)

【千葉】
DIC川村記念美術館,☆「ブリジット・ライリー(仮称) 」平成30年4/14(土)〜8/26(日)

【山梨】
中村キース・ヘリング美術館
 ☆開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism」〜平成30年1/31(木)<期間延長>
ぶどうの丘 美術館,☆第二展示室「ブルガリアの画家による『東欧の魅力展』」〜平成30年3/31(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11016] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/31(Wed) 21:33:14

 外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【東京】
パナソニック汐留ミュージアム
 ☆,「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス」4/28(土)〜6/24(日)
 ☆開館15周年特別展「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」9/29(土)〜12/9(日)

【神奈川】
横浜美術館
 ☆コレクション展 「全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真」〜3/4(日)
 ☆NAP展「New Artist Picks 谷保玲奈展ー共鳴」3/17(土)〜4/22(日)
 ☆企画展「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」3/24(土)〜6/24(日)
 ☆企画展「モネ それからの100年」7/14(土)〜9/24(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.11036] 【京都】国立近代美術館/ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/11(Sun) 15:23:53

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20では、日本に憧れたゴッホやゴッホにまつわる日本作家の展示を開催されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」〜3/4(日)
    月曜休館(2/12(月・振)は開館し、2/13(火)は休館)
    午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1500円
大学生1100円 高校生
600

※ 中学生以下は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
 1886年、パリに移ったファン・ゴッホの周りでは、ジャポニスムと言われる日本趣味が全盛を迎え、南仏アルルと思い描いた理想郷としての〈日本〉を重ねて描いたゴッホ。日本の芸術家や知識人による聖地オーヴェール巡礼を通して築かれた〈ゴッホ〉も師匠開始、コレクション・ギャラリーでは京都限定企画として、大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌によるファン・ゴッホ関連作品を展示。
 ファン・ゴッホ《画家としての自画像》1887/88
        《ポプラ林の中の二人》1890
        《種まく人》1888
        《夾竹桃と本のある静物》1888
        《寝室》1888
 二代歌川芳丸《新板虫尽》1888
 渓斎英泉《雲龍打掛の花魁》1820〜1830年代
 ファン・ゴッホ《花魁(渓斎英泉による)》1887
 佐伯祐三《オーヴェールの教会》1924
 《芳名録II》1922〜1928

紙芝居「ぼくはフィンセント・ファン・ゴッホ」上演会:2/12(月・振)
午前11時〜(20分程度)1階ロビーにて
庄崎真知子氏(劇団 銅鑼)、小学3年生以上、大人まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11042] 【京都】府京都文化博物館/ターナー 風景の詩[2/17(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/15(Thu) 22:37:25

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43で2/17(土)から開催される西洋絵画の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ターナー 風景の詩」2/17(土) 〜4/15日(日)
   月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
   午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入場は閉室の30分前まで)
   一般1500円 高大生1200円 小中生500円
 風景画の歴史のなかで最も独創的なイギリスの画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775−1851)は、光と空気に包まれた革新的な風景表現で、自然の多様な表情を描くとともに、歴史風景画にも取り組んだ。
 スコットランド国立美術館群などイギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった油彩画、水彩画約70点や版画を紹介。
   J・M・W・ターナー《ソマーヒル、トンブリッジ》 1811年展示 
     《セント・オールバンズ・ヘッド沖》1822年頃 
     《モンテ・マリオから見たローマ》1820年 
     《スノードン山、残照》1798−99年    など

学芸員によるギャラリー・トーク
 2/23(金)3/23(金)午後6時〜 、30分程度

【特別上映】 「ターナー、光に愛を求めて」
3/20(火)午後6時30分〜 
3/21(水・祝)午後1時30分〜、5時〜
3階フィルムシアターにて、各回定員160名、ローソンチケット(Lコード:56710 )本展入場券付きチケット(2,000円)
(全席指定、定員に達し次第、販売を終了)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11052] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/28(Wed) 22:17:29

 外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【北海道】
札幌芸術の森,☆特別展「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」7/28(土)〜9/24(月・祝)

【東京】
損保ジャパン東郷青児美術館
 ☆「ターナー 風景の詩(うた)」4/24(火)〜7/1(日)
 ☆「巨匠たちのクレパス画展」7/14(土)〜9/9(日)
 ☆「スウェーデンの豊かな暮らし カール・ラーション展(仮称)」9/22(土)〜12/24(月・振)
東京都美術館
 ☆特別展「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」4/14(土)〜7/8(日)
 ☆特別展「ムンク展―共鳴する魂の叫び」10/27(土)〜2019年1/20(日)

【山梨】
中村キース・ヘリング美術館
 ☆キース・ヘリング生誕60周年「キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」〜11/11(日)

【静岡】
ベルナールビュフェ美術館
 ☆企画展「絵画と想像力 ?ベルナール・ビュフェと丸木位里・俊」3/17(土)〜6/12(火)

【愛知】
トヨタ鞍ヶ池記念館,☆アートサロン開設20周年記念企画 「春、明日へのいぶき」〜 5/27(日) 洋画、日本洋画

【滋賀】
佐川美術館,☆「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」3/21(水)〜5/27(日)

【岡山】
大原美術館,☆コレクションテーマ展43「ナビ派をめぐって 画家たちの捧げたオマージュ」〜4/22(日)

【広島】
広島県立美術館,☆「パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」4/11(水)〜6/10(日)

【福岡】
九州国立博物館,☆「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」5/19(土)〜 7/16(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.11109] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/01(Sun) 17:54:52

 外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【岩手】
岩手県立美術館,☆ユニマットコレクション「フランス近代絵画と珠玉のラリック展」 4/14(土)〜6/17(日)

【山形】
山形美術館
 ☆企画展「パナソニック 汐留ミュージアムコレクション ジョルジュ・ルオー展」4/5(木)〜5/13(日)
 ☆企画展「吉野石膏コレクション・服部コレクション─ 響きあうフランス絵画」6/5(火)〜6/24(日)
 ☆企画展「世界の巨匠たちが子どもだったころ」7/20(金)〜8/26(日)
山寺後藤美術館,☆「ヨーロッパ絵画名作コレクション 静物−見つめる」〜4/30(月・振)
酒田市美術館,☆「リ・クリエイトでよみがえるフェルメール・光の王国展」9/8(土)〜10/14(日)

【福島】
福島県立美術館,☆ポーラ美術館コレクション「モネ、ルノワールからピカソまで」4/28(土)〜6/24(日)

【群馬】
大川美術館,☆「模写展−ヨーロッパ古典絵画の輝きを解きあかす」7/3(火)〜9/24(月・祝)

【千葉】
DIC川村記念美術館,☆「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」4/14(土)〜8/26(日)<タイトル確定>

【東京】
国立西洋美術館,☆「ミケランジェロと理想の身体」6/19(火)〜9/24(月・振)

【新潟】
今泉記念館,☆企画展示「クール&グラマラス! ウォーホルとフランス絵画展」〜6/13(水)

【福井】
福井県立美術館
 ☆開館40周年記念特別企画展「ウェールズ国立美術館 ターナーからモネへ」4/7(土)〜5/27(日)

【長野】
安曇野ジャンセン美術館,☆2018年度 常設展示「油彩画展2018」〜2019年2月 中旬

【愛知】
名古屋市美術館,☆開館30周年記念「モネ それからの100年」4/25(水)〜7/1(日)

【三重】
paramita museum,☆「ヴラマンク展−絵画と言葉で紡ぐ人生−」4/20(金)〜6/3(日)


【京都】
アサヒビール大山崎山荘美術館,☆「サム・フランシスの色彩(仮称)」7/28(土)〜9/2(日)

【大阪】
国立国際美術館,☆「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」7/21(土)〜10/14(日)
堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館
 ☆企画展「ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォーとミュシャ・スタイル」3/17(土)〜7/8(日)

【鳥取】
米子市美術館,☆特別共催展「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展」4/28(土)〜6/3(日)

【岡山】
岡山県立美術館,
 ☆ポーラ美術館コレクション「モネ、ルノワールからピカソまで」7/6(金)〜8/26(日)

【広島】
ひろしま美術館,☆「ドービニー展(仮題)」2019年1/3(木)〜 3/24(日) 

【福岡】
福岡アジア美術館,☆「ミュシャ展 ー運命の女たちー」 4/21(土)?5/27(日)
福岡市博物館
 ☆特別展示「レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
      〜日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎〜」4/6(金)〜6/3(日)
【熊本】
熊本市現代美術館
 ☆熊本地震復興支援特別企画 丸沼芸術の森所蔵「アンドリュー・ワイエス水彩画・素描展」〜5/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.11160] 【京都】府京都文化博物館/色彩の画家 オットー・ネーベル展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:27:17

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、西洋抽象画の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに」〜6/24(日)
     月曜休館(ただし4/30(月)、5/1(火)は開館)
     入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生600円
 スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)は1920年代半ばにワイマールに滞在し、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく。本展では建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介し、若き日のバウハウス体験に始まり、素材やマチエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を紹介。
  オットー・ネーベル《避難民》1935年
             《ナポリ》『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』より、1931年
             《ムサルターヤの町 IV:景観B》1937年
             《ドッピオ・モヴィメント(二倍の速さで)》1936年
             《輝く黄色の出来事》 1937年
             《満月のもとのルーン文字》1954年    など

クロマチックハーモニカ コンサート:6/2(土) (1)午前11時〜 (2)午後1時30分〜(各回約1時間)
    岡直弥氏(ハーモニカ奏者) 別館ホールにて 入館券のみ
    館サイトの「特別展イベント申込フォーム」より申込

親子で楽しむカラーアトラス:5/3(木・祝)〜6(日) 3階やすらぎコーナー(展覧会場内)

ナイトミュージアム じっくり貸切&おしゃべり鑑賞会:5/12(土) 定員100名 
 参加費:1800円(イープラスのみで販売)
 午後6時15分〜7時30分 ブックカフェ「6次元」店主/アートディレクターナカムラクニオ氏によるギャラリートーク
    7時30分〜8時30分 グループに分かれて対話しながら鑑賞(希望者のみ)

ギャラリートーク:5/11(金)6/1(金)午後6時から30分程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11163] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/05/02(Wed) 23:28:35

 外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問の参考にして下さい。
【北海道】
北海道立近代美術館
 ☆「ブリヂストン美術館展 石橋財団コレクションの精華」(第1会場) 〜6/24(日)
    北海道立三岸好太郎美術館と併催

【兵庫】
神戸市立小磯記念美術館,☆特別展「神戸市立博物館所蔵 洋画セレクション」〜7/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11183] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/02(Sat) 00:22:31

 外国絵画に関する新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。


【東京】
国立新美術館,☆「ルーヴル美術館展 肖像芸術?人は人をどう表現してきたか」〜9/3(月)

【福岡】
北九州市立美術館
 ☆コレクション展II特集「アメリカで活躍したアーティストたち1960’s−80's」8/11(土・祝)〜12/16(日)
 ☆「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」12/16(日)〜2019年2/17(日)
福岡県立美術館,☆「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」10/12(金)〜12/9(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11211] 【兵庫】県立美術館/プラド美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/25(Mon) 01:22:15

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27では、スペイン絵画の展覧会が開催中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「プラド美術館展ーベラスケスと絵画の栄光ー」〜10/14(日)
   月曜休館(祝休日の場合は開館し、翌日休館)
   午前10時〜午後6時(金土曜は8時まで、入場は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1600円 大学生1200円 70歳以上800円 高校生以下無料
        6月の平日は大学生無料(要証明)。
        障がいのある方(70歳以上を除く)は半額、介護者1名は無料
 王立のプラド美術館は、歴代スペイン王によって収集されたベラスケスやスルバラン、ムリーリョらスペイン人画家による絵画のほか、イタリア、フランドル絵画などヨーロッパ美術の粋を示す第一級の作品から成る。本展は、17世紀スペインを代表するベラスケスの重要作品7点を中心に、イタリアやフランドル絵画をあわせ、61点の油彩画と9点の資料で17世紀スペイン宮廷をめぐる美術を紹介。
第1章芸術 
 フランシスコ・デ・スルバラン《磔刑のキリストと画家》1650 年頃
 ディエゴ・ベラスケス《フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像》 1635年頃
第2章知識
 ヤン・ブリューゲル(父)、ヘンドリク・ファン・バーレン、ヘラルト・セーヘルスら 《視覚と嗅覚》1620 年頃
 ディエゴ・ベラスケス《メニッポス》1638年頃
第3章神話
 ディエゴ・ベラスケス《マルス》1638年頃
 ティツィアーノ《音楽にくつろぐヴィーナス》1550 年頃
第4章宮廷
 ディエゴ・ベラスケス《狩猟服姿のフェリペ4世》1632-34年
 アントニオ・デ・ペレーダ《ジェノヴァ救援》 1634-35 年 マドリード
第5章風景
 クロード・ロラン《聖セラピアの埋葬のある風景》1639 年頃
 ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》1635 年頃
第6章静物
 パウル・デ・フォス《犬と肉の寓話》1636-38年 
 フアン・デ・エスピノーサ《ブドウのある八角形の静物》1646 年
第7章宗教
 ペーテル・パウル・ルーベンス《聖アンナのいる聖家族》1630 年頃
 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《小鳥のいる聖家族》 1650 年頃
 ディエゴ・ベラスケス《東方三博士の礼拝》 1619年

記念講演会:ミュージアムホールにて、午後2時〜約90分、入館券のみ、定員250名
1:7/8(日)「ベラスケス、フェリペ4世とプラド美術館」川瀬佑介氏(国立西洋美術館主任研究員・本展監修者)
2:8/19(日)「創意の画家ベラスケス 王の愉しみのために捧げた芸術」岡田裕成氏(大阪大学教授)
3:9/9(日)「ベラスケス、人と芸術―静かなる絵画革命」大ネ歹麩沙(早稲田大学名誉教授)
4:9/30(日)「バロック美術とスペインの黄金時代」宮下規久朗氏(神戸大学教授)

学芸員による解説会:6/30、7/14、7/28、8/11、8/25、9/29、10/13(土)
  午後4時〜(約45分) レクチャールームにて、定員100名、無料

おやこ解説会:8/4(土)午後1時30分〜(約30分)
 レクチャールームにて、 無料 要事前申込(定員20組、先着順)
 7/4(水)午前10時より、こどものイベント係(TEL.078-262-0908)で受付開始。

こどものイベント:7/7(土)8/25(土) 午前10時30分〜午後3時30分
アトリエ2にて(定員30名)  参加費:500円(保険料・材料費)、要事前申込

ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日 午前11時〜(約15分)
レクチャールームにて、無料 (定員100名)

映画特別上映会
7/13(金)「誰が為に鐘は鳴る」(156分) 午前10時30分、午後2時 一般・シニア800円
9/15(土)「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」(90分)午前10時30分、午後1時、3時  一般・シニア 1000円

記念コンサート 〜スペインの風〜
8/26(日) 午後2時〜(約60分)アトリエ1にて、定員150名、入館券のみ
エドアルド・デル・リオ・ロブレス(チェロ)、木村能里子(ソプラノ)、植田祐加里(ピアノ)

記念イベント フラメンコ・ライブ
9/14(金) 午後6時〜(約60分)エントランスホールにて、無料
東仲一矩(舞踊)、東仲マヤ(舞踊)、國光秀郎(ギター)、植木美帆(チェロ)ほか

記念コンサート
9/17(月・祝) 午後2時〜(約60分)アトリエ1にて、定員150名、入館券のみ
マリア・ルス・リベラ(ピアノ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


  [No.11290] 【兵庫】県美:プラド美術館展 みました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 10:52:33

 久しぶりに西欧美術に浸りたくなりました。と、いうわけでこの展覧会。
 当然なのですが、王宮の各部屋を巡回しているような展覧会でした。絵の1点1点が重い。実は、この展覧会、絵のタイトルや教科書で見た絵があるのかと言えばそうでもないのですが、王侯貴族の肖像画、物語性の濃い宗教画の並びの中にいると歴史をひしひしと感じます。
 この時代の絵画での比較をすれば、ネーデルラント絵画との鮮やかな違いでしょうか。民衆の力でスペインから独立し、港を中心とした風景画や、富豪商人・漁民農民が画面に溢れる集団肖像画を確立したネーデルラントとは、まさに対照的。神話画でも、集団で神々の世界を謳歌するよりもベラスケスの《マルス》など、孤高の王族を象徴するように感じました。

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11218] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/01(Sun) 17:39:59

 外国絵画に関する新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【北海道】
市立小樽美術館,☆「スウェーデン芸術祭 IN 小樽 2018」7/21(土)〜9/16(日)

【青森】
青森県立美術館
 ☆東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念「絵画の絆 フランスと日本展
      モネ・ドガ・ピカソから大観まで −ひろしま美術館コレクション−」 〜7/8(日)
【長野】
小海町高原美術館,☆「リチャード・ホー展(仮称)」9/8(土)〜11/4(日) イギリスの画家
脇田美術館
 ☆EU理事会議長国記念「東欧の潮流 ブルガリアの文化と芸術
      〜ダニエラ・トドロヴァ &トドル・トドロフ の世界〜」〜7/29(日)
【静岡】
静岡市美術館
 ☆「ミュシャ展〜運命の女たち〜」〜7/15(日)
 ☆「ヴラマンク展 絵画と言葉で紡ぐ人生」7/28(土)〜9/24(月・祝)

【愛知】
名古屋市美術館,☆「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」7/28(土)〜9/24(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11253] 【高知】県立美術館/王様の美術館  フランス近代美術とシュルレアリスムの精華 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/15(Sun) 23:11:36

 高知市の高知県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=0では、 横浜美術館コレクションの近代西洋絵画を展示中です。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館25周年記念 横浜美術館コレクション
「王様の美術館  フランス近代美術とシュルレアリスムの精華」〜9/24(月・祝)
     会期中無休
     入館料金:一般1100円 大学生800円 高校生以下無料
       身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳
        及び被爆者健康手帳所持者と介護者1名無料
       高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。
 1989年の開館以来、開港以降の近・現代美術を中心に幅広く収集・展示してきた横浜美術館。
 フランス近代美術コレクションの中核を占める、1920年代に始まった夢想的・幻影的なこの美術運動シュルレアリスム(超現実主義)のダリ、マグリット、デルヴォー、エルンストら、シュルレアリスムを代表する巨匠たちの名品が一堂に会する。写真のコレクションでは、ナダール、ラルティーグ、ケルテスら、近代写真史を彩る巨匠たちにより、パリの見慣れた街角が、謎めいた風景に変貌する写真のシュルレアリスムも堪能。
 展覧会名の「王様の美術館」は、出品されるマグリットの謎めいた絵画作品の題名でもあり、観る者を別世界へと誘う神秘的なタイトルとイメージの組み合わせが今回の展覧会を象徴。
    ルネ・マグリット《王様の美術館》1966年、油彩・カンヴァス
    ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》1890年頃、水彩、グワッシュ・紙
    ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》1892-95年、油彩・カンヴァス
    パウル・クレー《攻撃の物質、精神と象徴》1922年、水彩、油彩・紙
    ナダール《ウジェーヌ・ドラクロワ》1858年(1978年プリント)
    フェルナン・レジェ《コンポジション》1931年、油彩・カンヴァス  など

記念レクチャー:8/19(日)午後2時〜、1階講義室にて、先着50名、無料
「最後の玉座から王様の美術館まで
   ―横浜美術館西洋画コレクションの魅力」中村尚明氏(横浜美術館 主任学芸員) 

担当学芸員によるギャラリー・トーク:7/22、8/5・12・26、9/9・23(日)午後2時〜
8/26は英語通訳付きミニトーク
9/9は手話通訳付きミニトーク

無料託児サービス:9/14(金)〜17(月・祝)(全4日)(午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分)
定員:各回10名(入替制)、入館券のみ、1階 講義室にて
申込方法:電話(088-866-8000)で問合の上、申込書を9/7(金)まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ


  [No.11269] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/30(Mon) 22:18:19

 新しい外国絵画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問のご参考にして下さい。

【北海道】
北海道立旭川美術館
 ☆ユニマットコレクション「フランス近代絵画と珠玉のラリック展〜やすらぎの美を求めて〜」〜9/2(日)

【福島】
郡山市立美術館,☆企画展「ターナー風景の詩」〜9/9(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立近代美術館
 ☆「サンダーソンアーカイブ ウィリアム・モリスと英国の壁紙展
      −美しい生活を求めて」〜8/26(日)
【東京】
三菱一号館美術館,☆「フィリップス・コレクション展」10/17(水)〜2019年2/11(月・祝)
松岡美術館,☆「松岡コレクション―エコール・ド・パリを中心に」 〜10/13(土)

【神奈川】
そごう美術館
 ☆「フェルメール光の王国展 2018
フェルメール全37点のリ・クリエイト(複製画)で350年前の謎を解く」〜9/2(日)
ポーラ美術館,☆「ルドン ひらかれた夢−幻想の世紀末から現代へ−」〜12/2(日)

【福岡】
久留米市美術館
 ☆「名画が奏でる8つのフーガ  青木・セザンヌ・ルノワール
  ブリヂストン美術館コレクション展」〜9/9(日)

【長崎】
佐世保市博物館島瀬美術センター
 ☆ユニマットコレクション「フランス近代絵画と珠玉のラリック展
   ―やすらぎの美を求めて―」10/20(土)〜12/2(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          明日香 光二/馬場 英明


  [No.11334] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/09/01(Sat) 23:56:40

 外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問のご参考にして下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【茨城】
茨城県近代美術館,
 ☆開館30周年記念特別展「ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで」9/4(火)〜11/18(日) 

【群馬】
群馬の森 群馬県立近代美術館
 ☆企画展示「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」9/15(土)〜11/11(日) 

【東京】
日中友好会館美術館,☆「上海現代油絵精品展」9/28(金)〜10/20(土)
上野の森美術館
 ☆「フェルメール展」10/5 (金)〜2019年2/3(日)  
国立西洋美術館
 ☆本館 特別展示「リヒター/クールベ」〜2019年1/20(日) 
光と緑の美術館
 ☆収蔵コレクション展「イタリア20世紀美術 イタリアのフォルム
  〜マリーノ・マリーニ、ジャコモ・マンズー、ペリクレ・ファッツィーニ、エミリオ・グレコ〜」 〜9/7(金)

【山梨】 
山梨県立美術館
 ☆山梨県立美術館開館40周年記念特別展「シャルル=フランソワ・ドービニー 
     ―バルビゾン派から印象派への架け橋―」10/20(土)〜12/16(日)  
【長野】 
佐久市立近代美術館
 ☆特別企画展「北欧の小さな宝石箱・エストニア
    〜エストニアの古伝を紡ぐ カルヨ・ポルの作品を中心に〜」2019年3/9(土)〜4/14(日) 
【静岡】
浜松市美術館,
 ☆山寺 後藤美術館コレクション「ドラマティック!西洋絵画の世界展
     〜バルビゾンへ歩む道〜」 9/22(土)〜11/11(日)
【愛知】 
豊田市美術館
 ☆「クリムト展:ウィーンと日本1900」2019年7/23(火)〜10/14(月・祝) 

【三重】
paramita museum,
 ☆笠間日動美術館・三重県立美術館コレクション「近代西洋絵画名作展
    印象派からエコール・ド・パリまで」10/5(金)〜12/2(日) 
【広島】
広島県立美術館
 ☆「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」10/8(月・祝) 〜12/16(日)  
ウッドワン美術館,☆秋季展覧会「シャガールとエコール・ド・パリの画家たち」10/5(金)〜12/9 (日) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


  [No.11361] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/01(Mon) 23:09:53

 外国絵画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【東京】
国立新美術館,☆オルセー美術館特別企画「ピエール・ボナール展」〜12/17(月)
東京富士美術館
 ☆国立ロシア美術館所蔵「ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛
   ─アイヴァゾフスキーからレーピンまで」10/7(日)〜12/24(月・振)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11392] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/31(Wed) 23:39:51

 外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問のご参考にして下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【千葉】
市原湖畔美術館,☆「ジョゼ・デ・ギマランイス展 〜アフリカは魅了する〜」〜2019年1/14(月・祝)

【大阪】
大阪市立美術館,☆「ルーブル美術館展 肖像芸術−人は人をどう表現してきたか」〜2019年1/14(月・祝)

【愛媛】
愛媛県美術館,☆「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション展」12/19(水)〜2019年3/24(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


  [No.11415] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/05(Wed) 23:10:12

 年末に向けて、外国絵画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
北網圏北見文化センター
 ☆「画家たちの自画像―高橋由一からピカソまで―」12/22(土)〜2019年2/3(日)

【東京】
国立新美術館
 ☆日本・オーストリア外交樹立150周年記念
  「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」2019年4/24(水)〜8/5(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11315] 【愛知】名古屋市美術館/至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:35:05

 大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17では、印象派絵画の展示が開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」〜9/24(月・振)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間午前9時30分〜午後5時(毎週金曜日は8時までl入場は閉館30分前まで
   入館料金:一般1500円 大学生1000円 高校生800円 中学生以下無料 
          8/31(金)までの休館日を除く平日は、高校生無料(要学生証提示)
         身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで半額
         名古屋市交通局「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用の来館者は100円割引。
 印象派とポスト印象派が充実したスイス、チューリヒのビュールレ・コレクションにはモネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホなどの代表作が揃う。本展は印象派を中心、コレクションから精選された64点、約半数が日本初公開。中でも4 メートルを超えるモネの《睡蓮》の大作は、今回初めてスイス以外で展示。
  クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》1920-26年
  フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》1890年
  クロード・モネ《ジヴェルニーのモネの庭》1895年
  ポール・セザンヌ《扇子を持つセザンヌ夫人の肖像》1878-88年
  ピエール=オーギュスト・ルノワール《夏の帽子》1893年
  ポール・ゴーギャン《贈りもの》1902年
  カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの雪道》1870年頃
  エドガー・ドガ《14歳の小さな踊り子》1880-81年(ワックスによる原作)1932-36年(ブロンズによる鋳造)など

作品解説会 (事前申込制)(2) 9/15(土) 午後2〜3時30分(9/1必着)
   深谷克典(名古屋市美術館副館長)

名古屋市電子申請サービスまたは往復はがきにて。
往復はがきは、郵便番号・住所・氏名・電話番号・聴講希望日(1 つまで)・聴講人数(2 名まで)を記入し
〒460-0008 名古屋市中区栄2 -17-25 名古屋市美術館「講演会/解説会」係まで。応募者多数の場合は抽選。
2 階講堂にて、定員180名、入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11316] 【大阪】国立国際美術館/プーシキン美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:37:02

 中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37
ではフランス絵画の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」〜10/14(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生600円 中学生以下無料
       心身に障がいがある方と付添者1名は無料
 モスクワのプーシキン美術館所蔵の17世紀から20世紀の風景画65点を展覧。神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリ、想像の世界まで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れを紹介。モネの《草上の昼食》は、初来日。金土の夜間開館中は本展の展示室内で撮影OK。
毎週金曜・土曜の夜間開館中(17:00〜21:00)は、写真の撮影が可能(一部は著作権により撮影不可)
  クロード・モネ 《草上の昼食》1866年
           《エウロペの掠奪》1655年
  アンドレ・ドラン 《港に並ぶヨット》1905年
  ポール・セザンヌ 《サント=ヴィクトワール山の平野、ヴァルクロからの眺め》1882-85年 
  ギュスターヴ・クールベ《山の小屋》1874年頃
  アンリ・ルソー《馬を襲うジャガー》1910年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11382] 【大阪】国立国際美:プーシキン美術館展見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/06(Sat) 22:44:30

 中之島の国立国際美術館で開催中の「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」を見に行きました。なかなか余暇時間のない最近ですが、会期が10/14(日)までとなり、「風景画」の展覧会に行かずばなるまい、と決心した次第。

 「風景画」とは言え、第1章「近代風景画の源流」第2章「自然への賛美」では、森や村や廃墟の中に、人が遊び、たたずみ、語らっている姿がある。背景として描かれた風景も現実のものではなく、経験の中から理想の姿に描き変えられた(加えられた)ものがほとんど。理想化の中から、描きたい自然、というものが画家に見えてくるのだなぁとわかります。
 クロード=ジョセフ・ヴェルネ《日の出》《日没》や、フェリックス・フランソワ・ジョルジュ・フィリベール・ジェム《ボスポラス海峡》のパステルな色がある海景に惹かれます。俯瞰風景では、攻城戦を想定したジャン=バティスト・マルタン《ナミュール包囲戦》が精緻な設計図を描いたような作品でこれは刮目。
 本展のメイン作品はクロード・モネ 《草上の昼食》で、モネが印象派としての作風を開花させた起点の作品だそう。本来はパリで大作を仕上げるはずのものが未完で、このプーシキンにある(今回展示)のものがその代替のもの、とか。さわやかな作品ですが、まだモネらしさ全開とは言えないかなぁ、と思いました。解説ビデオのすぐ後に、関連作品をまとめて展示してあったのはうまい構成です。

 パリ市中の都市風景も多く出品され(エドゥアール=レオン・コルテス《夜のパリ》は出色)、作品数も多く、見どころの多い展覧会と思います。

 ただ、今日は「毎週金曜・土曜の夜間開館中(17:00〜21:00)は、写真の撮影が可能」という日に当たっており、実験的な試みなんでしょうが、この時間になると会場内でシャッター音が響き渡り、異様な感じでした。やっぱり、多くの人が鑑賞する中では、撮影OKはふさわしくない、と私は思いました。

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.11145] 【広島】県立美術館/ボストン美術館 パリジェンヌ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/28(Sat) 22:47:17

 縮景園隣の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3では、フランス絵画を中心にするフランス文化の展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」〜6/10(日) 
   会期中無休
   開館時間:午前9時〜午後5時(金曜は8時まで、入場は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1400円 高大生900円 小中生600円  
       身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
           及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)は半額
       県美×現美×ひろ美 相互割引:各チケット(半券可)提示で100円わりびき
           広島市現代美術館「阿部展也―あくなき越境者」〜5/20(日)
           ひろしま美術館「ねこがいっぱい ねこアート展」〜6/24(日)
 パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌたちが時代の変化とともにみせる様々な表情の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルドーほか映画や舞台で活躍した女優のポートレートまで、ボストン美術館の所蔵品約120点を通して、18世紀から20世紀のパリを体現してきた女性たちの姿に迫る。
  エドゥアール・マネ《街の歌い手》1862年頃
  レギーナ・レラング《バルテ、パリ》1955年
  ジョン・シンガー・サージェント《チャールズ・E. インチズ夫人(ルイーズ・ポメロイ)》1887年
  ルイ=レオポルド・ボワイ―《アイロンをかける若い女性》1800年頃 
  フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター《ヴィンチェスラヴァ・バーチェスカ、ユニヤヴィッチ夫人》1860年 
  ピエール=オーギュスト・ルノワール《アルジェリアの娘》1881年 
  ピエール・カルダン《ドレス》1965年頃
.
ギャラリートーク:5/11、18(金)午前11時〜、午後6時〜 山下 寿水氏(学芸員)3階企画展示室にて

写真撮影コーナー 「 あなたもパリジェンヌ 」〜6/10(日) 開館時間内
 石田あさきトータルファッション専門学校による、マネ《街の歌い手》を模した衣装が着用可

パリジェンヌ気分でヘアメイク体験:5/19(土)午後1〜3時

ロビーコンサート:5/12(土)正午 「 パリの空の下で 」
  野口美紀氏(アコーディオン) 1階ロビーもて、無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11314] 【神奈川】横浜美術館/モネ それからの100年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:33:39

 みなとみらいの横浜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=5では、印象派のモネとその影響を受けた画家達の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「モネ それからの100年」 〜 9/24(月・振)
   木曜休館
   開館時間:午前10時〜午後6時
    (8/17(金)24(金)31(金)9/14(金)15(土)21(金)22(土)は8時30分まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1600円 高大生1200円 中学生600円  小学生以下無料
           65歳以上は1500円(要証明)
           毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
           障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
 印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成《睡蓮》大装飾画の制作に着手して約100年。響きあう色、ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し、モネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、引き継がれる。本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにする。
1 新しい絵画へ 立ちあがる色彩と筆触
   クロード・モネ《ヴィレの風景》 1883年
   中西夏之《G/Z 夏至・橋の上 To May VII》1992年
2 形なきものへの眼差し 光、大気、水
   クロード・モネ《セーヌ河の日没、冬》 1880年
   モーリス・ルイス《ワイン》1958年
3 モネへのオマージュ さまざまな「引用」のかたち
   ロイ・リキテンスタイン《日本の橋のある睡蓮》 1992年
   福田美蘭《モネの睡蓮》2002年 
4 フレームを越えて 拡張するイメージと空間
   クロード・モネ《睡蓮、水草の反映》 1914-17年
   サム・フランシス《Simplicity(SEP80-68》1980年  など

学芸員によるギャラリートーク:8/31(金)午後2時〜30分 9/15(土)午後6時30分〜7時 事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11037] 【愛知】名古屋市博物館/レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/11(Sun) 15:25:51

 桜山の名古屋市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=29では、レオナルド・ダ・ヴィンチの伝説の壁画に関する展示を開催中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
  〜日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎〜」〜3/25(日)
      月曜(祝日の場合は翌平日)、第4火曜日
      入館料金:一般1300円 高大生900円 小中生500円
無料
        名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷ利用者は100円引。
        身体等に障害のある方または難病患者の方は、手帳または受給者証提示で本人と介護者2名まで半額。
 フィレンツェのヴェッキオ宮殿を飾っていたレオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画「アンギアーリの戦い」。壁画の中心部分を描いた16世紀前半の油彩画《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》を中心に、壁画の模写や派生作品、またレオナルドの多岐にわたる活動を紹介し、失われた壁画の謎に迫る。ミケランジェロがレオナルドと同じ場所に構想した壁画の下絵の模写《カッシナの戦い》を加え、ルネサンス二大巨匠による競演を実現。美術史上に刻まれた天才ふたりの大壁画構想をみる。

第1章 歴史的背景―「アンギアーリの戦い」とフィレンツェ共和国
  作者不詳(フィレンツェの画家)《シニョーリア広場での「敬意の祝祭」》 1600年頃 
  サンティ・ディ・ティート《ニッコロ・マキアヴェッリの肖像》 1570年頃 
第2章 失われた傑作―二大巨匠の幻の競演
  作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)《タヴォラ・ドーリア》(「アンギアーリの戦い」の軍旗争奪場面) 16世紀前半
  アリストーティレ・ダ・サンガッロ《カッシナの戦い》(ミケランジェロの下絵による模写) 1542年
幕間 優美なるレオナルド
  作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)《レダと白鳥》 1500-10年頃 
  作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)《聖アンナと聖母子》 16世紀 
コラム レオナルドを求めて〜ここからはじまる、失われた傑作探求の第一歩
  北郷悟(監修)、木本諒・井田大介・布山浩司・大石雪野・横川寛人・宮田将寛(制作)
     《タヴォラ・ドーリア》の立体復元彫刻 2015年
第3章 視覚革命―「アンギアーリの戦い」によるバロック時代への遺産
  ピーテル・パウル・ルーベンスに帰属(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)《アンギアーリの戦い》 17世紀初頭 
同時開催 「天才ダ・ヴィンチのひみつ」コーナー
  はばたき飛行機 模型(パリ手稿Bに基づく)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明