ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10963] 【奈良】国立博物館/おん祭と春日信仰の美術[12/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/09(Sat) 07:37:33

 奈良公園の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2では、恒例の、奈良の伝統行事の展示が今日から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別陳列「おん祭と春日信仰の美術ー特集 社家史料と若宮ー」12/9(土)〜平成30年1/14(日)
   月曜休館(1/8(月・祝)は開館し、9(火)は休館)1/1は休館
   午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで(12/29、30を除く)
               12/17(日)は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般520円(410円)・大学生260円(210円)
         高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、
          障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
         子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]
          開館時間延長日の午後5時以降[レイト割引]は、団体料金
        おん祭お渡り式の日〔12/17(日)〕は無料で
        12/22(金)に夫婦で入館は半額[夫婦の日割引]
        成人の日〔1/8(月・祝)〕は、今年度に成人を迎える方無料
 平安時代・保延2年(1136)9/17に始まったとされ、伝統を守り続け、今年で882年目を迎える春日若宮社の祭礼・おん祭。一年のうち一日(現在は12/17)、御旅所に遷座する若宮神の前で芸能が奉納され、祭礼の参列者が御旅所へ向かう風流行列が、冬の奈良の風物詩となる。本年は、風流行列を描いた絵巻物を展示し、かつて春日社の神官を務めた旧社家に伝来した史料を交えつつ、若宮の歴史や春日社の造替について概観。
  中臣祐賀春日大社御縁起注進文(文永十二年)
  春日若宮御祭礼絵巻 中巻
  笏拍子 
  春日若宮祭礼図・鷹狩図屏風
  春日権現験記(春日本) 巻第十
  猿錠蒔絵大鼓胴
  春日大社御造営事(断簡貼屏風)など

公開講座:平成30年1/8(月・祝)講堂にて、午後2〜3時30分、無料
  定員194名、12時30分より講堂前にて入場整理券を配布、定員に達し次第終了
「神主たちの見た『おん祭』」千鳥祐兼 氏・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー