ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10934] 【京都】国立博物館:国宝展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/19(Sun) 22:24:08

 東山七条の京都国立博物館で、昨日11/18(土)に「国宝」展を見に行きました。
 雨上がりの土曜日午後、でしたから◯時間待ち、の行列かと思えば、それほどではなかったのですが、会場館内はやはり人垣のできる状態で、軸物や背の高い出展物は良いのですが、絵巻物など平台に近い展示物は、あまり見えない…という状態ではありました。
 また、会期を4期に分けて、ほぼ2週間ごとに展示物が入れ替わる方法ですから、お目当ての出展品のある日に行かねばならないのですが、スケジュール調整でそうも行かず…でも、何れやのスターに会えることは間違いの無い展覧会ではありました。閉幕を来週にむかえ、もう最終のIV期ですから、選択の余地はないのですが。
 通期で会場に居らっしゃった、長野県の土偶の「縄文のヴィーナス」「仮面の女神」はさすがの造形で、これはお会いしたかった。実物はどちらもはじめて。立ちケースだったから人ごみにならず、見やすかった。山形県の「縄文の女神」に会いたかったが。これは展示終了。東寺の「両界曼荼羅」はその大きさと平安初期にも関わらずの鮮明さに驚き。これぞ、教科書本文に掲載されているザ・曼荼羅。
神護寺の「伝源頼朝像」「伝平重盛像」もザ・肖像画だが、昨年の京博の名品展で見ているので、感動度合いは低い。尾形光琳の「燕子花図屏風」も「紅白梅図屏風」と並んでザ・琳派なのだが、ここはとりわけ人混みがひどく、燕子花の下の方は見えない感じ。展覧会の盛況を伝えるニュース映像に使われそうな景色でした。これは所蔵者の根津美術館で、ボストン美術館へ流出したもう一つの「燕子花図屏風」との並び展示を見ているので、まあ、いいか、という感じでした。
 意外であったのが「ポルトガル国印度副王信書」。大航海時代にポルトガルが征服していたインドのゴアの総督が、豊臣秀吉の全国統一祝いに送った手紙。秀吉がアジア制服を企んだひとつの根拠でもあり、「ああ、こういうものも国宝になるのだ」と認識する一点でした。
 本展はいよいよ11/26(日)までです。

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー