ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10933] 【京都】立命館大学国際平和ミュージアム/儀間比呂志版画展―沖縄への思い― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/15(Wed) 22:17:48

 立命館大学国際平和ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=0
では、沖縄の平和を願う版画展を開催中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館25周年記念 2017年秋季特別展「儀間比呂志版画展―沖縄への思い―」前期:〜11/26(日)
                            後期:11/28(火)〜12/23(土・祝)
      月曜と11/24(金)休館
      入館料金:大人400円 中高生300円 小学生200円
           立命館で学ぶ人、働く人は無料
 1923年沖縄生まれ1940年から北マリアナ諸島テニアン島で過ごし、1943年に帰郷後出征した儀間比呂志氏。横須賀で敗戦を迎えたが米軍政下の沖縄へは戻らず、大阪に居住し1946年から6年間、大阪市美術研究所で油絵を研修後、上野誠に学び、木版画の制作を始めた。1956年以後定期的に沖縄で個展を開催。沖縄への取材を重ね、人々の暮らしや祭の姿など故郷沖縄の風景を作品にした。木版画に専念した1970年以降、住民の証言記録に接し、沖縄戦を描くようになり、2017年4月に亡くなるまで沖縄への思いを伝え続けた。本展では、奥田豊氏の旧蔵コレクション68点を紹介し、沖縄返還から45年を迎えた本年に、沖縄戦と戦後の沖縄が直面する課題を考える。
   儀間比呂志「尽忠報国」1979年頃
        「アリランの歌」1991年頃
        「赤いソテツの実より」1975年頃
        「那覇の市場」1977年頃  など
関連企画

公開シンポジウム「沖縄戦の後を生きる」12/2(土) 午後1時〜4時20分、無料・申込不要
  立命館大学衣笠キャンパス、平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム
  パネリスト:冨山 一郎氏(同志社大学 グローバルスタディーズ研究科 教授)
        謝花 直美氏(沖縄タイムス 編集委員)
        森 亜紀子(同志社大学 日本学術振興会特別研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー