ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10930] 【京都】細見美術館/末法 Apocalypse 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/15(Wed) 22:12:57

 京都岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22では、仏教美術の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「末法 / Apocalypse─失われた夢石庵コレクションを求めて─」〜12/24(日)
    月曜休館
    入館料金:一般1300円(1200円) 学生1000円(900円)
      ※( )内は20名以上の団体料金、障がい者手帳などの提示で優待料金

 末法とは、仏教で釈迦の死後、教えが次第に衰え教法だけが残る時期をいう。永承7年(1052)に末法の世に入ると信じた平安貴族は極楽浄土への往生を願い、阿弥陀来迎図など華麗で優美な作品を生み出した。また、弥勒菩薩が出現し救済する将来を信じ、経典や仏像を伝え残すために、経筒に入れて地中に埋納した。本展では、荒廃した世の人々の希望であった仏像や絵画、経典、鏡像など仏教美術を紹介。
胎蔵界曼荼羅 平安時代
  蔵王権現立像 平安時代
  金銅五鈷鈴 平安時代
  風鐸付経筒 平安・元治元(1124)年
  紺紙金字法華経 平基親願経 平安・治承4年(1180)年
 司馬江漢 寒柳水禽図 江戸時代
映像作品
現代美術作家 杉本博司《Sea of Buddha》の日本初公開4K動画(上映時間 約5分30秒)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー