ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10928] 【愛知】豊田市美術館/ジャコメッティ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/15(Wed) 22:09:06

 豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=64では、近代彫刻作家の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ジャコメッティ展」〜12/24(日)
    月曜休館
    入館料金:一般1400円 高大生1100円 中学生以下無料
       障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)、
       豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料[要証明]
 ぎりぎりまで切りつめられ、引き伸ばされた立像により、戦後の彫刻史に確立したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)はスイス生まれ、パリに移住し、アフリカやオセアニアなどのプリミティヴな造形やキュビスム的彫刻への傾倒を経て、シュルレアリスム時代には象徴的作品を手がける。1930年代後半に「見えるものを見えるままに」造形することの困難に向き合いながら、人間存在の根源に肉薄する立像や胸像を制作し、ドローイングや油彩画に取り組んだ。ジャコメッティと深い親交を結び、葛藤するジャコメッティの日々を記録した日本人哲学者・矢内原伊作を描いたドローイングや、全9点から成る壮観の「ヴェネツィアの女」、実現しなかった「チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト」のために制作され、現在マーグ財団美術館の庭園を飾る大きな三体の彫像など、ジャコメッティの創作の神髄を見る。

講演会:11/23(木・祝)午後2時〜(開場:午後1時30分〜)
  講堂にて、定員172名(先着順、聴講無料)
「出現性について」松浦寿夫氏(東京外国語大学教授)

学芸員によるギャラリートーク:11/26(日)12/10(日)午後2時〜

作品ガイドボランティアによるギャラリーツアー
木曜日を除く毎日午後2時〜(土日は午前11時〜、午後2時〜)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー