ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10925] 【東京】国立西洋美術館/北斎とジャポニスム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/14(Tue) 23:25:51

 上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=127では、北斎が西洋に与えた影響の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」〜平成30年1/28(日)
     月曜休館(1/8(月)は開館)12/28(木)〜1/1(月)、1/9(火)休館
     午前9時30分〜午後5時30分(金土は8時まで(11/18を除く)入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円 中学生以下は無料。
           1/2(火)〜8(月)は高校生無料。
           心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
 19世紀後半、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを日本の美術が魅了した“ジャポニスム”現象のなかでも最も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域で、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に影響を与えた。
 モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなど西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点を比較て展示。異文化との出会いによって生み出された西洋美術で、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じる。
  葛飾北斎 《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵
  葛飾北斎『北斎漫画』十一編(部分) 刊年不詳
  クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス
  エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)など

講演会:12/2(土)午後2〜3時30分、講堂(地下2階)定員:先着130名(要観覧券)
  当日正午より、館内インフォメーションにて、入館者1人1枚聴講券配付
「北斎が西洋に与えた衝撃」馬渕明子氏(館長、本展監修者)

スライドトーク:11/17(金)12/1(金)12/15(金)1/5(金)午後6時〜(約30 分、会場は開演30分前)
 講堂(地下2階)にて  神津有希氏(東京大学大学院)定員:各回先着130名(要観覧券)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー