ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10924] 【兵庫】県立美術館/エルミタージュ美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/14(Tue) 23:24:59

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27では、西洋美術館の名品展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」〜平成30年1/14(日)
    月曜休館(1/8(月・祝)は開館、1/9(火)は休館)、
          年末年始(12/31(日)1/1(月・祝))休館
    午前10時〜午後6時(金・土曜日は8時まで(12/29、30をのぞく)入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生1200円 70歳以上800円  高校生以下無料
      障がいのある方(要証明、70歳以上を除く)は半額、介護者1名無料
 女帝エカテリーナ2世が礎を築いたエルミタージュ美術館の膨大なコレクションの中から16世紀ルネサンス、17・18世紀バロック、ロココの時代に活躍した、「昔日の巨匠」を意味する「オールドマスター」の絵画85点を紹介。

ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》1760年代 油彩・カンヴァス

1 イタリア:ルネサンスからバロックへ
 カナレット(本名ジョヴァンニ・アントニオ・カナル)《ヴェネツィアのフォンダメンタ・ヌオーヴェから見た、サン・クリストーフォロ島、サン・ミケーレ島、ムラーノ島の眺め》 1724-1725年 油彩・カンヴァス
 ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》1538年 油彩・カンヴァス
 ポンペオ・ジローラモ・バトーニ《聖家族》1777年 油彩・カンヴァス
 グイド・レーニの工房《エウロパの掠奪》1632-1635年 油彩・カンヴァス

2 フランドル:バロック的豊穣の時代
 ピーテル・ブリューゲル(2世)《スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色》1615-1620年頃 油彩・板
 フランス・スネイデルス《鳥のコンサート》1630年代-1640年代 油彩・カンヴァス
 ペーテル・パウル・ルーベンスと工房《田園風景》1638−1640年頃 油彩・カンヴァス
 アンソニー・ヴァン・ダイク《王妃ヘンリエッタ・マリアの2人の侍女:カーク夫人アン・キリグルーとおそらくはストレンジ男爵夫人シャーロット》1630年代末 油彩・カンヴァス
 ヤーコプ・ヨルダーンス《クレオパトラの饗宴》1653年 油彩・カンヴァス

3 オランダ:市民絵画の黄金時代
 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《運命を悟るハマン》1660年代前半 油彩・カンヴァス
 フランス・ハルス《手袋を持つ男の肖像》1640年頃 油彩・カンヴァス
 ピーテル・デ・ホーホ《女主人とバケツを持つ女中》1661-1663年頃 油彩・カンヴァス
 ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム《果物と花》1655年 油彩・カンヴァス

4 スペイン:神と聖人の世紀
 フセペ・デ・リベーラ《聖ヒエロニムスと天使》1626年 油彩・カンヴァス
 フランシスコ・デ・スルバラン《聖母マリアの少女時代》1660年頃 油彩・カンヴァス
 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ》1660年頃 油彩・カンヴァス

5 フランス:古典主義的バロックからロココへ
 ニコラ・プッサン《エジプトの聖家族》1657年 油彩・カンヴァス
 ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン《食前の祈り》1744年 油彩・カンヴァス
 ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール《盗まれた接吻》1780年代末 油彩・カンヴァス
 クロード・ロラン(本名クロード・ジュレ)《港》1630年代末-1640年代 油彩・カンヴァス
 ユベール・ロベール《運河のある建築風景》1783年 油彩・カンヴァス

6 ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で
 ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》1530年頃 油彩・カンヴァス
 トマス・ゲインズバラ《青い服を着た婦人の肖像》1770年代末-1780年代初め 油彩・カンヴァス

西洋美術史特別講座:ミュージアムホールにて 午後2時より(約90分)入館券のみ
11/25(土)フランドル・オランダ「専門画家の登場と絵画の黄金時代―ネーデルラントのバロック美術」
    平川佳世氏(京都大学大学院教授)
12/10(日)フランス「日常のデザイン化−18世紀ロココ絵画をめぐって」
     島本浣氏(京都精華大学教授)12月10日(日)

おやこ解説会:12/2(土)午後1時30分より(約30分)
レクチャールームにて 無料 要事前申込(定員20組、先着順)
こどものイベント係 Tel.078-262-0908

学芸員による解説会:11/18(土)、12/16(土)
  午後4時より(約45分)レクチャールームにて 無料(定員100名)

ミュージアム・ボランティアによる解説会:毎週日曜日 午前11時より(約15分)
  レクチャールームにて 無料(定員100名)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー