ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10920] 【東京】都美術館/ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/13(Mon) 23:51:24

 上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」〜平成30年1/8(月・祝)
  月曜、12/31(日)1/1(月・祝)休館(1/8(月・祝)は開室)
  午前9時30分〜午後5時30分(入室は閉室の30分前まで)
  入館料金:一般1600円 大・専門学校生1300円  高校生 800円 65歳以上1000円
        中学生以下は無料
        身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
          ・被爆者健康手帳をお持ちの方と付添者1名は無料

 パリ時代からアルル時代前半にかけて、浮世絵や日本に関する文献を集めるなど、日本に高い関心を寄せていたフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。一方、ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、墓のあるオーヴェール=シュル=オワーズを巡礼していた本展では、ファン・ゴッホの油彩画やデッサン約40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点に加え、関連資料を通して、ファン・ゴッホと日本の相互関係を探る。
  フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888年
                 《花魁(溪斎英泉による)》1887年
                 《アイリスの咲くアルル風景》1888年
                 《寝室》1888年
                 《タラスコンの乗合馬車》1888年
                 《ポプラ林の中の二人》1890年
                 《カフェ・ル・タンブランのアゴスティーナ・セガトーリ》1887年
  溪斎英泉《雲龍打掛の花魁》1820〜1830年代(文政後期〜天保前期)
  佐伯祐三《オーヴェールの教会》1924年
  前田寛治《ゴッホの墓》1923年    など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー