ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10908] 【山口】下関市立歴史博物館/龍馬がみた下関 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/12(Sun) 00:29:12

 幕末維新にゆかりの長府の下関市立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=4では、坂本龍馬の特別展が開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 坂本龍馬没後150年記念「龍馬がみた下関」〜12/10(日)
     月曜休館
     入館料金:一般500円  大学生等 300円
            18歳以下、高等学校・中等教育学校・特別支援学校に在学の生徒
            70歳以上の方(要年齢証明)
            障がい者手帳をお持ちの方 は無料
        光庭に同じく建立された群像「時代を拓く」の1周年を記念し11/19(日)は特別展「龍馬がみた下関」無料
            (常設展示は有料)

土佐出身だが、全国各地に活動の場を広げた坂本龍馬は、下関で「薩長盟約」の締結に向けた周旋、高杉晋作とともに戦った「小倉口の戦い」など、幕末史に深く刻まれた事件、事象の当事者として知られる。下関を拠点とした新規事業を計画、実行した龍馬の経済活動を支える重要な地であったと推察され、愛妻お龍と新婚生活を送った龍馬の日常を垣間見ることができる。本展は下関の人々との交流を中心に、龍馬の足跡を紹介し、龍馬と下関の深い関わりを再認識する。
  坂本龍馬書状 渋谷彦介宛 慶応元年閏5月5日
  坂本龍馬書状 家族宛 慶応元年9月7日
  高杉晋作詩書扇面(坂本龍馬に贈ったもの)
  西郷隆盛所用赤間関硯(三吉慎蔵が贈ったもの)
  下関戦図 溝渕広之丞・坂本龍馬作
  崎陽新聞(吉村荘右衛門筆)
  坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛 慶応2年8月16日
  坂本龍馬書状 お龍宛 慶応3年5月28日
  坂本龍馬筆 新政府綱領八策  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー