ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10906] 【奈良】第69回正倉院展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/11(Sat) 22:59:39

 1973年より1度も欠かさず通っている正倉院展ですが、明後日11/13(月)閉幕まで間近、ようやく本日いってまいりました。

 金土日祝は午後8時まで開館なので、土曜日の今日、午後5時頃というとまだ、閉館まで間がある時間でしたが、入館まで10分程度とそれほどの混雑ではありませんでした。
 今回のチラシ・ポスターの顔は、羊を臈纈染めした屏風。そのままグッズのデザインになる、西アジアの象徴的な図柄かな、と思います。最初のコーナーの展示。続いて、聖武天皇の愛用品という「玉尺八」は大理石を彫って竹製の尺八に似せた、凝った品物。再現の音付きでした。これも西アジア起源というハープ様の楽器、箜篌(くご)の残欠と明治時代の復元品。音楽畑での出陳が楽しい。
 目玉の一つが、緑瑠璃十二曲長坏。波打ったお皿のような品で、形のインパクトは薄いのですが、緑の鮮やかさは他のペルシャガラス製品にないもの。さらに、ウサギをモチーフにした文様が解説されており、説明がみおとしてしまう、貴重な展示でした。
 文書モノでは、「下総国葛飾郡大嶋郷島俣里(しままたのり)」の戸籍。これは良く教科書や史料集に取り上げられるものなのですが、載せられた名前に「竜麻呂」「猪麻呂」「比都治」などという動物に因んだものが多いことで知られ、「刀良」や「佐久良」という名前も。実は、そんなこと初めて知りました。映画「男はつらいよ」はしっかりこれに基づいて作られていたんでしょうねぇ。ひょっとしてファンには周知のことなんですかね。
 教科書級の宝物が少なかったように思うのですが、なかなか見せ方に工夫された正倉院展でした。

                  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー