ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10905] 【京都】龍谷ミュージアム:地獄絵ワンダーランド 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/11(Sat) 22:16:22

 西本願寺前の龍谷大学 龍谷ミュージアムで開催中の「地獄絵ワンダーランド」を先月末に見に行っています。ご報告が遅れましたが、開催日が明日11/12(日)で終了となってしまいました。
 「地獄絵」ということで、夏には奈良国立博物館で「源信」の極楽に関する展覧会がありましたので、対照的な感じでとらえていましたが、「地獄と極楽」は表裏なもので源信の『往生要集』や、後代のその絵解きには地獄のことも多く描かれています。
 今回の展示は、十段階あると言われている地獄の各段階の違いやら、そこを守る獄卒?裁き人としての神仏の姿などが、子ども向きとも思える解説とともに語られます。地獄の番人は「閻魔大王」だけではないのだと。
 ほんの軽い罪でも、地獄に堕とされそうな気がしていたのですが、基本的には殺しをした人、そこに怠けやウソや盗み、性的暴行などの罪が重なれば、どんどん悲惨度が増す地獄へ送られる、というシステムだとわかります。東京の三井記念美術館に先に巡回してきた展示ですので、浄土真宗に慣れた人々が訪れるであろう、普段の龍谷ミュージアムの展示よりも懇切丁寧であった気がします。

                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー