ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10904] 【大阪】市立枚方宿鍵屋資料館:くらわんか舟に関わるひとびと 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/10(Fri) 21:30:43

 先週、11/3(金・祝)に、市立枚方宿鍵屋資料館に訪れています。慣れ親しんだ枚方市ですが(現住所の前に住んでいました)、この館は初めて。地図では判りにくいのですが、行ってみれば、京阪電鉄枚方公園駅からすぐ近くでした。実は、先に書いた門真市立歴史資料館にフられて、次はこちらへ来た次第。

>  ☆企画展示3館合同展示「北河内・淀川ゆかりの人物伝」
> 「くらわんか舟に関わるひとびと」〜12/3(日)

 関西では、枚方といえば「くらわんか舟」あるいはそこで売られた「くらわんか餅」が昔の名産だと有名。復元されたこの「鍵屋」という商家は、京街道沿いの枚方宿の有力な宿屋なのですが、その建物は裏は淀川に直結しています。淀川を行く旅客の川船に食事を売りつけたと言う「くらわんか舟」ですが、これも幕府からの営業許可制だったよう。大坂の役の際に、真田幸村から命を狙われた徳川家康もしくは秀忠を枚方の商人達がかばったから、営業権が与えられた…という言い伝えもあり、絵として残っているものが展示されていましたが… 許可状等の史料によると、対岸の高槻の商人たちに与えられていたものが、だんだん、枚方の商人達がその手形(営業権)を譲り受けていった、というのが真実のよう。この「鍵屋」もその営業権の1枚を借りて、くらわんか舟をやっていたようで、この建物の中に、くらわんか舟の船着き場を再現されています。

 また、秋の枚方と言えば、数年前まで「ひらかたパーク」で開催されていた菊人形。その懐古の写真パネルも多く展示されていました。

                  明日香 光二/馬場 英明




                         明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー