ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10879] 【愛知】名古屋市美術館/ランス美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/15(Sun) 08:29:24

 名古屋市大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17では、フランスの美術館の名品展を開催中です。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ランス美術館展」〜12/3(日)
    月曜休館
    午前9時30分〜午後5時(11/3を除く金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1400円 高大生1000円 中学生以下無料
          身体等に障害のある方は手帳の提示で付添者2名まで半額
       名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用で来館者は100円割引
       割引併用
 パリ近郊、歴代のフランス国王が戴冠式を行ったノートルダム大聖堂があり世界遺産にも登録されている町、ランス。その中200年以上の歴史を誇り、数多くの名品を収蔵するランス美術館の5万点を超えるコレクションから、17世紀から20世紀にかけて、西洋絵画300年の歴史をたどる作品を紹介。ドラクロワ、コロー、ミレー、ピサロ、ゴーギャンに加え、ランス市には遺族から近年寄贈された藤田嗣治の作品3点を特別出品。
 ジャック=ルイ・ダヴィット《マラーの死》1793年
 エドゥアール・デュビュッフ《ルイ・ポメリー夫人》1875年
 カミーユ・ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》1898年
 レオナール・フジタ《猫》1963年
 ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
 【名古屋だけの特別出品】
 ウジェーヌ・ドラクロワ《父の呪詛を受けるデスデモーナ》1850年頃

作品解説会:11/19(日)午後2〜3時30分、2階講堂にて
 深谷 克典氏(副館長)定員180名(先着順/1時30分に開場し、定員に達し次第締切)

ボランティアによるギャラリートーク(作品説明)
10/15(日)18(水)24(火)28(土)29日(日)
11/2(木)5(日)7(火)9(木)12(日)15(水)18(土)23日(木・祝)25(土)30(木)
    午前10時30分〜/午後1時30分〜(約60分)

閉館後の展示室内での特別鑑賞会(人数限定:有料)
 10/28(土):学芸員による解説 + コンサート
 11/11(土):学芸員による解説のみ
 11/18(土):学芸員による解説 + シャンパン・軽食
 午後5時集合 事前申込制
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー