ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10874] 【北海道】札幌芸術の森美術館/木彫家 藤戸竹喜の世界[10/14(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/14(Sat) 00:21:45

 札幌芸術の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=25では、アイヌ伝統の木彫の展示を開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成29年度 アイヌ工芸品展
 「現れよ。森羅の生命―木彫家 藤戸竹喜の世界」前期:10/14(土)〜11/12(日)
                                後期:11/14(火)〜12/17(日)
    10月は無休、11月以降は月曜休館
    入館料金:一般1000円 高大生600円 小中学生300円 
          65歳以上800円(要年齢証明)
          再入場割引 使用済みのチケット半券持参で半額(会期中、一回限り有効)。
 1934年、北海道美幌町生まれ、旭川を拠点に「熊彫り」を生業としていた父のもとで木彫制作を始めた藤戸竹喜。道東の阿寒湖畔に民芸品店とアトリエを構え、熊や狼、ラッコやシャチ、北に生きた先人たちの姿を木に刻み、繊細さと野性味が交差する独自の木彫世界を築く。いてきました。生命あるものへの深い愛情に根差した生気あふれる写実表現で北海道を代表する木彫家として、高い評価を受ける。熊や鹿の俊敏な動きをとらえた初期作から、アイヌ民族の歴史と威厳をモニュメンタルに伝える等身大人物像まで、70年にわたる創作活動の軌跡をふりかえる。会期中、前期・後期での作品の入れ替え予定
  《群熊》1967年 
  《鹿を襲う熊》 1977年
  《オジロワシ》1978年
  《狼の親子》 1978年
  《杉村フサ像》1993年
  《砂潜りのカレイ》1994年
  《白熊の親子》1999年
  《狼》 2002年
  《熊五態》 2010〜2011年 

アーティスト・トーク:本展出品作家藤戸竹喜氏:10/14(土)、11/18(土)午後1時〜(30分程度)

藤戸竹喜 その彫りの技に迫る:藤戸竹喜氏の木彫りの実演
 10/21(土)、10/28(土)、11/3(祝・金)午後2時〜(30分程度)エントランスロビー、無料


ミュージアムコンサート OKI×マレウレウ :11/19(日) 午後2〜3時
 B展示室にて、無料 定員50名(定員に達した場合は抽選)、要事前申込

申込方法:葉書に郵便番号、住所、希望者氏名(1枚につき2名まで応募可能)
     、電話番号を記入し、応募
〒005−0864 札幌市南区芸術の森2-75 ミュージアムコンサート係
  10/20(金)必着 結果発送:10/27(金)〜

ギャラリー・ツアー:11/5(日)11/25(土) 午後2時〜(30分程度)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー