ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10864] 【大阪】国立国際美:ブリューゲル「バベルの塔」みました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/08(Sun) 23:53:26

 国立国際美術館で開催されている、ボイマンス美術館所蔵「ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」を9/30(土)に見に行きました。
 午後で、入場に行列することは無かったと言えど、館内は結構な人出でした。閉幕日が近くなっているからだけではなく、ブリューゲル作品の中でも知名度、というか写真で「見たことがある」度の非常に高い作品だからだと思います。

 もちろん、タイトル作品「バベルの塔」はラストに登場し、そこまで、ネーデルラントの宗教画、風俗画が展開します。ネーデルラントの風俗画は、宗教画で無ければ絵画ではない時代の転換として語られる。展示の中盤からボスの絵画(2点)とボス風の絵画が並びます。ボスの絵画は「奇想」と呼ばれ、主題の周辺に奇妙な風景や点景が描かれ、他のネーデルラントの画家、版画での翻案、ブリューゲルでさえ、ボス風着想の模倣をします。(動物の頭をもった人とか、奇妙な生きものなど)それが、一般的な西洋絵画にも見られるキリスト教(カトリック)的な隠喩(メタファー)なのか、むしろキリスト教に逆らうような着想なのか…私には理解に苦しむところがありました。また、細かいところに注目しながら、人の多いギャラリーで鑑賞するのはかなり疲れました。
 「バベルの塔」本作は、意外に小さなもので、ここだけ「最前列で見るための行列」を作らされていましたが、私は敢えてパス。やや遠くから眺めるにとどめ、拡大模写、展示映像で迫力ある細部の細見はさせてもらいました。
 本作には、また、いずれの御時にや、オランダで落ち着いて再会できればいいや、と思った次第。
 大阪での本展は、10/15(日)までです。

                       明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー