ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10835] 【東京】国立博物館/運慶 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/09/30(Sat) 23:46:51

 上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=129では、鎌倉時代の名仏師・運慶の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」 〜11/26(日) 平成館 特別展示室
    月曜休館(10/9(月・祝)は開館)
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は閉館の30分前まで、金土および11/2(木)は9時まで開館)
    入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
         障がい者と介護者1名は無料(要障がい者手帳など提示)
        (フランス人間国宝展(〜11/26(日)、表慶館)は、別途観覧料必要)
 卓越した造形力で生きているかのような写実的な仏像を生み出した運慶。動乱の平安時代から鎌倉時代に、平家の焼き討ちよって灰燼に帰した東大寺や興福寺の復興に尽力し、東国武士からの依頼も受けて仏像を制作。ゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通覧し、さらに運慶の父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代の継承までをたどる。

  国宝 大日如来坐像 運慶作 平安時代・安元2年(1176)奈良・円成寺蔵
  重要文化財 仏頭  運慶作 鎌倉時代・文治2年(1186) 奈良・興福寺蔵
  国宝 運慶願経(法華経巻第八) 平安時代・寿永2年(1183)
  国宝 毘沙門天立像  運慶作  鎌倉時代・文治2年(1186) 静岡・願成就院蔵
  国宝 八大童子立像のうち恵光童子・制多伽童子 運慶作 鎌倉時代・建久8年(1197)頃 和歌山・金剛峯寺蔵
  重要文化財 阿弥陀如来坐像および両脇侍立像
  重要文化財 不動明王立像
  重要文化財 毘沙門天立像 運慶作 鎌倉時代・文治5年(1189) 神奈川・浄楽寺蔵
      [展示期間:阿弥陀如来および両脇侍立像は10/21(土)〜]
  国宝 無著菩薩立像・世親菩薩立像 運慶作 鎌倉時代・建暦2年(1212)頃 奈良・興福寺蔵
  重要文化財 聖観音菩薩立像  運慶・湛慶作 鎌倉時代・正治3年(1201)頃 愛知・瀧山寺蔵
  重要文化財 十二神将立像  京都・浄瑠璃寺伝来  鎌倉時代・13世紀
         東京・静嘉堂文庫美術館蔵(子神・丑神・寅神・卯神・午神・酉神・亥神)
         東京国立博物館蔵(辰神・巳神・未神・申神・戌神)
  国宝 天燈鬼立像・龍燈鬼立像  康弁作(龍燈鬼立像) 鎌倉時代・建保3年(1215) 奈良・興福寺蔵


記念講演会:午後1時30分〜3時(開場は1時予定 当日受付) 平成館 大講堂
10/1(日)「興福寺と運慶―特に北円堂の諸像をめぐって―」多川俊映師(法相宗大本山興福寺貫首)
10/28(土)「運慶展 最新調査報告」浅見龍介氏(企画課長)

ギャラリートーク:10/31(火)午後2時〜30分、平成館 大講堂 当日受付
「運慶前夜:平安時代後期の仏像について 」

興福寺僧侶による運慶展ミニトーク:平成館 大講堂
 10/4(水)午後3時〜30分(※開始30分前に開場予定  当日受付)
 10/6(金)13(金)20(金)27(金) 午後3時〜30分、5時〜30分(※開始30分前に開場予定  当日受付)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー