ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10833] 【広島】現代美術館/モナ・ハトゥム展 投稿者:   投稿日:2017/09/18(Mon) 12:13:53

こんにちは

 9月16日に広島市現代美術館の「第10回ヒロシマ賞受賞記念 モナ・ハトゥム展」に、台風にも負けず行ってきました。ヒロシマ賞受賞記念展は第6回からずっと行っています。

第6回(2004年決定) シリン・ネシャット
第7回(2007年決定) 蔡國強
第8回(2010年決定) オノ・ヨーコ
第9回(2013年決定) ドリス・サルセド

 モナ・ハトゥムはレバノン生まれのパレスチナ人で、現在はイギリス在住です。

 いきなり最初の「底流(赤)」の赤い電気コードにつながれた電球の点滅は、消えそうな命みたいに見えて怖い作品です。次がこの展覧会のための新作「その日の名残」で、原爆により一瞬にして失われた日常生活を表しています。

 パフォーマンス記録の映像「ロードワークス」は警察とカリブ系移民の衝突の事件に関して警察に抗議する意思を示しています。自信が移民であるモナ・ハトゥムは移民を扱った作品も多くあります。

 日常のものを拡大して示すというのもこの人の技法で、おろし金を使って間仕切りやベッドを作ったりしています。拡大ではないけれどもニッケルの針によりドアマットを作ったものもあります。"WELCOME"と書かれているけれども実際はこのドアマットに乗ったらけがをします。これも移民の疎外感を表していると言って良いでしょう。

 ヒロシマ賞はたいていこのような深刻な内容なのですが、毎回来たくなるのです。

 9月16日は常設展はなしで、もう1つの小企画として「この音がずっと響きますように 西原尚」が開かれています。音の出る作品で、関連ワークショップも開かれたようです。

 広島で他にいくつか行った後、「こだま」→「サイライズ瀬戸」で横浜に移動、横浜トリエンナーレを続いて見るつもりだったのですが、台風がいよいよ近づいているようなので、横浜までは行きましたがトリエンナーレは別の日にすることにしました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー