ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10801] 【愛知】徳川美術館/天下人の城−信長・秀吉・家康− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/08/16(Wed) 13:28:26

 大曽根の徳川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=5では、戦国武将の頂点の城郭の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「天下人の城−信長・秀吉・家康−」〜9/10(日) 蓬左文庫と併催
    月曜休館
    入館料金:一般1400円 高大生700円 小中生 500円
          ※20名以上の団体は一般200円、その他100円割引
          土曜日は小中高生無料

 戦国時代、群雄割拠の拠点として城郭を築く。尾張国では、天下統一を目指した織田信長が本拠を清須から安土へ移す過程で、石垣を主体とし、「天守」という独特の城郭を生む。信長に続いて天下を統一した豊臣秀吉は、大坂城・伏見城・聚楽第をはじめとする空前の規模の巨大城郭を出現させ、城郭普請の到達点に位置づけられる徳川家康によって築かれた名古屋城。
 本展では、織田信長の居城の変遷を軸に、秀吉・家康へと繋がる天下人の系譜をたどり、三人に関わる城や武将の遺品・史料の紹介を交えつつ、天下の名城・名古屋城の歴史と構造に迫る。また名古屋城天守台を築いた秀吉恩顧の武将・加藤清正の品々を通して、その生涯を垣間見る。
   脇指 銘 吉光 亀王丸 号 蜘蛛切丸
   重要文化財 刀 金象嵌銘 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀 織田尾張守信長 名物 義元左文字
   安土城搦手道湖辺部出土金箔押瓦
   唐物茶壺 銘 金花  銘 松花
   大坂城図屏風
   江戸始図
   築城図屏風
   高須城図(明治五年陸軍省城絵図の内) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー