ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10771] 【宮城】風の沢ミュージアム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/08/07(Mon) 23:25:18

==================================================================
施 設 名:風の沢ミュージアム
ふりがな:かぜのさわみゅーじあむ
英文表記:Kazenosawa Museum of Contemporary Art  
分野 :美術 
郵便番号:987-2302
都道府県:宮城県
市区町村:栗原市  
所在地:一迫片子沢外の沢11
電話番号:0228-52-2811  
FAX:0228-52-2811  
URL:http://kazenosawa.jp/
公共交通:高速バス、東日本急行仙台〜築館・金成線バス停「さくらの百貨店前」から乗車「築館」下車
       東北新幹線「くりこま高原前」下車、車で30分
道路案内:東北道 築館IC・若柳金成ICから25分 駐車場20台
開館時間:午前11時〜午後5時(入館は4時まで、10月は4時閉館、入館は3時まで)
休 館 日:水、木曜日(祝日は開館)
入館料金(常設時):一般700円 未成年者無料
展示内容:現代美術館、ギャラリー、カフェ、ショップ、里山公園からなる複合施設
観覧時間:
その他(販売・友の会など): Email: info@kazenosawa.jp 
 展覧会のフリーパスを含む「風の沢CLUB」あり。
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆木村 泰平 個展 「長い話」〜10/22(日)
     水・木休館
     入館料金:一般700円 

 1986年埼玉県に生まれ、東京藝術大学大学院美術研究科の先端芸術表現専攻を修了した木村泰平。
 自動車とドラム缶が衝突するパフォーマンスを人々の目に焼き付け、その後も解体される建築物や、爆発する瞬間を樹脂に閉じ込めたものなど、強く視覚に訴え、ものごとの時間の経過が閉じ込める。
 
 木村は栗原市を訪れ、この地方の置かれている状況、環境を読み解こうとする。しかし、木村泰平の作る作品を通して、「理解できない・見えない」世界を体験してみることが重要。

8/12(土)−13(日)、9/9(土)−10(日)、10/14(土)−15(日)開館から閉館まで
 さとやま美術室:ミュージアムの里山が野外美術室に。外でのものづくりや、勝手にガイドツアー。

9/10(日)第10回 土と日のまつり くりはら万葉祭:里山公園にて
 野焼きによる土器づくりや、東北の伝統芸能公演、出店、ワークショップなど
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー