ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10762] 【兵庫】神戸市立博物館/開国への潮流―開港前夜の兵庫と神戸[8/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/08/05(Sat) 00:43:51

 三宮の神戸市立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=22では、神戸開港の歴史を扱った展示を8/5(土)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 神戸開港150年記念特別展
 「開国への潮流 ―開港前夜の兵庫と神戸―」8/5(土)〜9/24(日)
    月曜休館(9/18(月・祝)は開館、9/19(火)休館)
    入館料金:一般800円 大学生600円 高校生450円 小中生300円
          65歳以上で「神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)」持参の方は一般料金が半額。
          障がい者手帳などの提示者無料
 18世紀半ばからの1世紀は、軍事力で「開国」を迫る欧米諸国と対峙して国際関係を作る時代でもあった。安政5年(1858)に欧米諸国との通商条約によって兵庫(神戸)は箱館、神奈川(横浜)、新潟、長崎とともに開港場に選ばれるが、諸港の開港による国内経済の混乱や尊皇攘夷運動の隆盛、朝廷の猛烈な反対により神戸開港は5年延期される。この延期によって兵庫と神戸の港は、幕府海軍の拠点、幕府直轄港に位置づけられ、近代化が進められ、開港後の神戸の発展に結びつく。当時の国際環境や政治・外交に照らし、約100件の資料を通じて、開国、そして神戸開港にいたる歴史的潮流をたどる。
  《将軍天保山入港(無題)》元治元年(1864)五雲亭貞秀 
  《世界図 MAPPE MONDE》1790年頃 守屋壽コレクション
  《レザノフ屏風》文化元〜2年(1804-05)頃  守屋壽コレクション
  《天保山魯船図》嘉永7年(1854)頃
  《欧羅巴行視聴実録(ヨーロッパこうしちょうじつろく)》文久2年(1862)4月1日〜9月3日
  神戸市指定文化財《和田岬石堡塔外冑壁之図  慶応2年(1866)12月
  《長崎海軍伝習所絵図》昭和初期
  《イラストレイテッド・ロンドンニュース》(1868年3月28日号)  など
 
記念講演会:8/11(金・祝)午後2〜3時30分、地階講堂にて、
        定員160名(当日先着順、13時から講堂前で入場整理券を配布)入館券要
「近代港湾の黎明」高久 智広氏(学芸員)


記念シンポジウム 「神戸開港と港の近代化」:9/3(日)午後1〜4時、地階講堂にて、
        定員160名(当日先着順、正午から講堂前で入場整理券を配布)入館券要
     後藤 敦史 氏(京都橘大学文学部准教授)
     添田 仁 氏(茨城大学人文社会学部准教授)
     冨川 武史 氏(品川区立品川歴史館学芸員)
     司会:高久 智広氏(学芸員)

サタデー・トーク(学芸員による展覧会の見どころ解説) 
 会期中の毎週土曜日 午後2〜30分
 地階講堂にて、定員160人(当日先着順) 要入館券


子供向けイベント こうべ歴史たんけん隊《神戸開港当時のおもかげを探しに行こう》
 8/20(日)午前10時〜午後4時
 対象:小学4年生〜中学生(保護者の参加は2名まで) 定員40名(応募多数の場合は抽選)
 資料代:1人500円
申込方法:往復はがきに、参加希望者全員の名前、年齢、電話番号、返信用のあて名を記入
 申込先:〒650−0034 神戸市中央区京町24番地 神戸市立博物館子供プログラム係 8/7(月)消印有効
 1枚のはがきで複数イベントへ申込不可

子供向けイベント ジュニアミュージアム講座《開国のジグソーパズルをつくろう!》
 9/9(土)午後2〜4時
 対象:小学4年生〜中学生  定員20名(応募多数の場合は抽選)
 参加費500円(参加する子供の入館料は無料。付添保護者は団体割引料金)
 申込方法:往復はがきに、参加希望者全員の名前、年齢、電話番号、返信用のあて名を記入(3名まで申込可)
 申込先:〒650−0034 神戸市中央区京町24番地 神戸市立博物館子供プログラム係 8/28(月)消印有効
 1枚のはがきで複数イベントへ申込不可

南蛮・古地図企画展「絵画と地図で読み解く日欧交流」
 館蔵の絵画・古地図。修理完了後、初公開となる重要文化財織田信長像も展示。
 《聖フランシスコ・ザヴィエル像》(8/5〜8/20 展示)
 《都の南蛮寺》(9/12〜9/24 展示)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー