ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10744] 【群馬】高崎市美術館/ウィリアム・ブレイクと神の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/07/31(Mon) 23:00:13

 高崎市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=11では、神話の世界を描いた版画の展示が行われています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ウィリアム・ブレイクと神の世界 郡山市立美術館所蔵
    ローダー・コレクションの版画作品を中心に」〜8/31(木)
       月曜休館
       午前10時〜午後6時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般500円 高大生300円
              65歳以上の方、中学生以下
              身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方と付添者1名は無料
 ギリシア神話と『聖書』は、西欧の美術・文学・音楽などの芸術に大きな影響を与えた2大源流と言え、13世紀後半にイタリア・フィレンツェでダンテによる長編叙事詩『神曲』、17世紀にイギリスの詩人ジョン・ミルトンの『失楽園』などはギリシア神話や聖書の世界観がベースになり、後世に名を残す偉大な名著は、多くの芸術家たちの創作の源になり、イギリス・ロマン主義芸術の先駆けを成したウィリアム・ブレイクは、ダンテの『神曲』や『聖書』を独自に解釈し、幻想的な挿絵を制作している。
 郡山市立美術館所蔵のローダー・コレクションの中からウィリアム・ブレイク《『ヨブ記』の挿絵》、《ダンテの『神曲』のための連作》のほか、ジョン・マーティン《ミルトンの『失楽園』の挿絵》、町田市立国際版画美術館所蔵のアルブレヒト・デューラー『小受難伝』より《楽園追放》などの版画作品を展示し、物語の内容もわかりやすく解説。
  ウィリアム・ブレイク 『ヨブ記』の挿絵より《天地創造》1825年
  ジョン・マーティン ミルトンの『失楽園』より《楽園でアダムとイブを覗くサタン》1825-27年
  アルブレヒト・デューラー 『小受難伝』より《楽園追放》1510年(1511年刊)
  ウィリアム・ブレイク ダンテの『神曲』のための連作より
   《盗人たちの囊(のう):六本足の蛇に襲われるアニョロ・ブルネレスキ》1826-27年
  ジョン・フラクスマン ホメロスの『イリアス』より《神々の会議》1793年
.
スペシャルギャラリートーク:8/11(金・祝) 午後2時〜
「ウィリアム・ブレイクとは何者か」菅野洋人氏(郡山市立美術館 学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー