ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10743] 【大阪】国立国際美術館/「バベルの塔」展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/07/31(Mon) 22:59:07

 中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37では、ネーデルラント絵画の名作を展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ボイマンス美術館所蔵「ブリューゲル「バベルの塔」展
    16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」〜10/15(日)
      月曜休館(9/18(月・祝)、10/9(月・祝)は開館)
      午前10時〜午後5時(金土は9時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生600円 中学生以下無料
        心身に障がいのある方と付添者1名無料(要証明)
        大阪市立科学館×国立国際美術館 相互割引あり
 オランダの、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館から、ピーテル・ブリューゲル1世の《バベルの塔》が24年ぶりに来日、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作で紹介。写実と色彩の油彩絵画、ボスの怪物モチーフを描く版画作品、粋を尽くした木彫作品など、16世紀ネーデルラント美術の精華。東京藝術大学COI拠点の特別協力により、原寸を約300%拡大したブリューゲル「バベルの塔」の複製画、「バベルの塔」の3DCG動画も展示。
  ピーテル・ブリューゲル1世
      《バベルの塔》1568年頃
      彫版:フランス・ハイス《アントウェルペンのシント・ヨーリス門前のスケート滑り》1558年頃
      《野ウサギ狩り》1560年
      彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン 《大きな魚は小さな魚を食う》1557年
  ヒエロニムス・ボス
      《放浪者(行商人)》1500年頃
      《聖クリストフォロス》1500年頃
      《聖アントニウスの誘惑》1540年頃
  ディーリク・バウツ《キリストの頭部》1470年頃
  ルカス・ファン・レイデン《ヨセフの衣服を見せるポテパルの妻》1512年頃
  ヨアヒム・パティニール《ソドムとゴモラの滅亡がある風景》1520年  など

「バベルの塔」展 子ども向けミニ・レクチャー:安來正博氏(主任研究員)入館券のみ
対象:小学生〜高校生、保護者 8/23(水) 24(木) 午後2時〜30分、B1階 講堂にて
    各回先着130名(当日、各回の開始30分前より開場)


記念講演会:8/5(土)午後2〜3時30分 B1階 講堂にて、入館券のみ、午前10時から整理券配布先着130名
「ブリューゲル《バベルの塔》の衝撃 マクロとミクロの融合」
    高橋達史氏(青山学院大学文学部比較芸術学科教授)

なつやすみびじゅつあー「パタパタ・モンスター」8/26(土) 8/27(日)/B3階 展示室 ・ B1階 講堂、入館券のみ
【受付時間】10時30分〜午後3時(受付時間内の好きな時間に来て参加)
対象:小学生とその保護者(保護者の方にも一緒に参加)
定員:各日40組80名
会場:B3階展示室、B1階講堂
 要事前申し込み(8/16(水)必着)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー