ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10742] 【兵庫】県立美術館/怖い絵展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/07/31(Mon) 22:58:03

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、夏にぴったり、怖い絵の展示を「西洋画」で行っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「怖い絵展」〜9/18(月・祝)
     月曜休館(9/18(月・祝)は開館)
     午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1400円 大学生1000円 70歳以上700円 高校生以下無料
        障がいのある方は半額(70歳以上を除く)、介護者1名は無料

 ドイツ文学者・中野京子氏が「恐怖」をキーワードに西洋美術史に登場する様々な名画の魅力を読み解き、2007年に発刊された『怖い絵』。中野氏を特別監修者に迎え、氏がシリーズで取り上げた作品を筆頭に、近世から近代にかけてヨーロッパ各国で描かれた絵画の中から「恐怖」を主題とする油彩画と版画の傑作を選び出し、神話、怪物、異界、現実、風景、歴史といったキーワードに沿って展示。

1 神話と聖書
  ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》1891年 油彩・カンヴァス
2 悪魔、地獄、怪物
  ヘンリー・フューズリ《夢魔》1800-10年頃 油彩・カンヴァス
3 異界と幻視
  チャールズ・シムズ 《そして妖精たちは服を持って逃げた》1918-19年頃 油彩・カンヴァス
4 現実
  ウィリアム・ホガース 『ビール街とジン横丁』より《ジン横丁》1750-51年 エッチング、エングレーヴィング・紙
5 崇高の風景
  ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 《ドルバダーン城》1800年 油彩・カンヴァス
6 歴史
  ポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》1833年 油彩・カンヴァス など


記念講演会:8/20(日)午後2時〜約90分、ミュージアムホールにて、定員250名
             入館券のみ、当日午前11時からホワイエで整理券配布
「「怖い絵」の世界へようこそ」中野京子氏(本展特別監修者、作家、ドイツ文学者)

学芸員による解説会:8/5(土)9/2(土)9/16(土)
午後4時〜(約45分)レクチャールームにて、定員100名、無料

こどものイベント
「もっと怖い絵」をかこう!
8/26(土)午前10時15分〜/午後2時〜(各回2時間15分)
アトリエ2(各回定員25名、要事前申込・先着順(こどものイベント係(TEL:078-262-0908)まで)
参加費:200円

ミュージアム・ボランティアによる解説:日曜日午前11時〜(約15分)
レクチャールームにて(定員100名)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー