ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10738] 【京都】高麗美術館:上田正昭と高麗美術館 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/07/25(Tue) 22:22:52

 一度、行ってみたくお預けになっていた京都の高麗美術館。ここの前館長であられた古代史学者の上田正昭氏の追悼展覧会だというので、これが機会と思い、7/17の終期直前に訪ねました。

 加茂川中学前のバス停からはすぐわかる工夫がされており、小さな邸宅に、門をくぐって入る感じ。朝鮮半島の遺跡や寺に立っている石人像が両脇に立っており、邸宅の感じ。屋敷内のような展示室に、上田正昭氏の著書や、上田氏が朝鮮の古代史の研究のために力を入れた、高句麗広開土王石碑3面の拓本など。
上田氏は古代史専門だけれど、朝鮮通信使にも造詣が深かったようで、朝鮮通信使を描いた絵巻も。

 今回の展示にむけてメッセージが数名の関係者より寄せられており、私がかつて勤めた弥生文化博物館の名誉館長・考古学者の金関 恕(かなせき ひろし)氏の言葉も。大学では上田氏が数年上だったが、同年の1927年生まれと知ったとのこと。私の元・上司でご健在なんだけれども…へぇ、私が中学生ぐらいのときから憧れの一人だった上田氏と同い年とは…感慨を新たにした次第。

 2階には、高麗美術館創設者の鄭詔文氏や作家・金達寿氏、司馬遼太郎氏、岡部伊都子氏等とともに旅行されている映像が流され、高句麗広開土王石碑第4面の拓本を平置きで。わかりました。展示案内では、4面分を期間を決めて公開となっていたが、元が高さ6mと巨大なため、3面分は一部だけ巻きを解いてガラスケースに展示し、1面分を平置きにされていたのでした。全ては読めないが、この歴史上有名な石碑の体験が出来て良かった。

 ところで、玄関先の庭の石人像の1体が、古代渡来人の象徴としてよく知られた、大阪・羽曳野市の野中寺にあるものと似ているなぁ、と思っていたら、ここに納められるのが一番ふさわしいとのことで、2015年に野中寺から移管されたとのこと。

 さまざまの思いが重なり、朝鮮文化というだけでなく、古代史関連でも見どころのある展示、館でした。バス系統がやや複雑なのが、ちょっと行きにくい原因ではあるのですが、今度は近くの上賀茂神社と合わせて訪れたいものです。
                         明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー