ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10726] 【東京】国立新美術館・森美術館/東南アジア現代美術展 投稿者:   投稿日:2017/07/13(Thu) 22:52:15

こんにちは

 「サンシャワー 東南アジアの現代美術展」は非常に興味があったので、始まったすぐ、7月8日に行ってきました。

 以下のようなテーマに分けられ、国立新美術館と森美術館のどちらからでも見られますが、どちらかというと国立新美術館に先に行った方がわかりやすい感じでした。


国立新美術館
1.うつろう世界
2.情熱と革命
3.アーカイブ
4.さまざまなアイデンティー
5.日々の生活

森美術館
6.発展とその影
7.アートとは何か? なぜやるのか?
8.瞑想としてのメディア
9.歴史との対話

 東南アジアの歴史や現代社会がうかがわれる作品が多くありました。トラと人間の出会いを描いたシンガポールのビデオ作品等は、長く見てしまいました。マレーシアとシンガポールの合併から50年を記念する歌をカラオケのステージのようなインスタレーションで聞く作品は皮肉に聞こえます。

 意義のある内容だったとは思いますが、ほとんどが初めて聞く覚えにくい名前で、なかなか覚えられません。知名度が高いと思うリクリット・ティラヴァーニャは展示室を出たInstagramまたはTwitterと連携した作品であり、参加できるのは木曜日限定です。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー