ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10692] 【兵庫】県立美術館/ベルギー奇想の系譜展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/09(Fri) 00:19:10

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26ではベルギー絵画の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ベルギー奇想の系譜展」〜7/9(日)
    月曜休館
    午前10時〜午後6時(金土曜は午後8時まで、入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1500円 大学生1100円 70歳以上750円 高校生以下無料
            障がいのある方(70歳以上を除く)は半額、介護の方1名は無料
 ベルギー・フランドル地方とその周辺地域で中世末期から発達し、ヒエロニムス・ボスが描く悪魔や怪物の様な幻想絵画のカテゴリーから、カプリッチョ(奇想画)、象徴主義、シュルレアリスムと変化して受け継がれた、奇想の表現の流れを、15、16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートにいたるまで国内外のコレクションによって紹介。
   ヒエロニムス・ボス工房《トゥヌグダルスの幻視》1490-1500 年頃
   ピーテル・ブリューゲル(父)《魔術師ヘルゲネモスの転落》1565年
   ルネ・マグリット《大家族》1963年
   フェルナン・クノップフ《天使》1889年
   ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク《運河》1894年 など

講演会:ミュージアムホールにて、午後2時〜3時30分(当日10時からホワイエで整理券配布)定員250名
6/18(日)「奇想のイメージ―マグリットとシュルレアリスム」速水豊氏(三重県立美術館館長)

KEN-Vi名画サロン特別上映:大人1000円
「ブリューゲルの動く絵」 (2011年/ポーランド・スウェーデン/96分)
6/10(土)午前10時30分〜/午後1時〜/午後3時〜(入替制)

ミュージアムボランティアによる解説会:日曜午前11時〜約15分、レクチャールームにて定員100名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー