ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10688] 【兵庫】神戸市立博:遥かなるルネサンス 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/05(Mon) 22:46:45

 神戸市立博物館で開催中の「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア」 を見てきました。
 「日本人が見た西洋」という観点なので、旅心をみたせそうで期待していました。ザビエルにはじまる日本へのキリスト教布教の最後のステージとして、桃山文化の一端で語られます。彼らが帰ってきた時には、秀吉が禁教令を敷いていて、大きな役割はを日本で果たせなかった、という印象がありました。日本の桃山時代って結構新しいような気がしていましたが、ルネサンスの時期なんですね。
 3年もかけてイタリアへ着き、5年もかけて日本へ帰着。その間、わずか3ヶ月でローマ教皇に謁見し、かつ教皇の代替わりにも行き会わせ、イタリア北部の主要都市を訪問し歓迎されて、現在の我々が見てもうらやましい巡歴をしています。
 あのフィレンツェのメディチ家からも歓待されていた日本人、というのが日本史の輝かしい一面を見ました。
 今回の目玉作品は、ミラノで最近発見されたティントレット息子作の《伊東マンショの肖像》。東洋人の若者の自然な風貌を捉え、あの支倉常長像と同種の感動を覚えます。「ヨーロッパ人が見た、近世の日本人」をも感じることのできる展示でした。

                               明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー