ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10664] 【京都】八幡市立松花堂庭園・美術館/異国へのあこがれ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/31(Wed) 00:01:33

 八幡市立松花堂庭園・美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=127では、海を越えてもたらされる中国文化へのあこがれを表す美術品を展示しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成29年初夏展「異国へのあこがれ」〜7/2(日)
     月曜休館
     入館料金:一般400円 学生300円 高校生以下無料
           〈庭園共通券〉一般760円 学生570円
 松花堂昭乗(1584〜1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも、異国に対するあこがれを抱き、多く中国の人物や風物、そして、そこから生み出される情感まで、多様な時代の文化を紡いだ。
 例えば、安倍仲麻呂の歌を書した紙に、中国風の紙(唐紙)が用いられた昭乗の書「百人一首色紙帖」、日本でも有名な詩人のひとり、中国北宋時代の蘇軾(1036〜1101)を描いた2種類の像など。
    海北友松画、龍室宗章賛「自浄其意図」
    「蜀棧道図」
    「蘇文忠公像写」
    松花堂昭乗書「劉禹錫像賛「陋室銘」」
    大倉笠山筆「赤壁山水図」   など

ミニトーク:6/30(金)午後4時より(約30分) 入館料のみ
「江戸の中国趣味」 影山 純夫氏(学芸顧問、神戸大学名誉教授)  
要申込:来館または電話・FAXにて、定員になり次第、締切

学芸員による展覧会みどころ解説 <ギャラリートーク>
    6/3(土)17(土)24(土)午後2時より  申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー