ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10658] 【島根】県立美術館 投稿者:   投稿日:2017/05/15(Mon) 22:27:01
【島根】県立美術館 (画像サイズ: 369×277 31kB)

こんにちは

 5月1日の最後に行ったのが初めての島根県立美術館です。

 島根県立美術館は単に美術館機能だけでなく、夕日の名所としても有名です。日没の30分後まで開館するというユニークな制度があります。5月1日の松江の日没は18時54分であり、この時刻が展示室入場締め切り、19時24分が閉館でした。

 受付に行くと、今日はもう常設展と企画展の両方を見ている時間はないということで、常設展の方にしました。
 常設展示室第1室は日本画部門が「四季を愉しむ」、洋画部門が「Still Life 静物画の魅力」、西洋絵画が「写実をめぐって」となっていました。日本画部門はかなり良かったと思います。洋画部門もユニークと言えます。ここに小泉八雲の息子である小泉清の作品もありました。
 第2室は版画で現在は「浮世絵のユーモア」、第3室は工芸で「原清の陶芸」でした。県立の総合美術館で陶芸の所蔵品があるのはあまりないと思います(岐阜県美術館という例がありますが)。
 第4室は「奈良原一高の愛したヴェネツィア」、第5室が「森山大道の愛したパリ」となっています。ともにちょっと観光で行くレベルではない、ディープな都市が写真で描写されていました。

 第3室と第4室の間で、夕日も眺めてきました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー