ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10650] 【兵庫】姫路市立美術館/ユトリロ回顧展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/08(Mon) 23:45:53

 姫路城下の姫路市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=40では、フランス絵画の展示が開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ユトリロ回顧展」〜7/2(日)
   月曜休館
   入館料金:一般1200円 高大生600円  小中生200円
        療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は、
         手帳提示で常設展は免除、企画展は半額
 モンマルトルの裏町を描いた画家として、日本で最も人気のある画家モーリス・ユトリロ。その代表作、母シュザンヌ・ヴァラドンと、ユトリロの友人であり、母ヴァラドンの夫であった画家アンドレ・ユッテルの日本初公開作品も含めた回顧展を開催。
 1883年パリ生まれのユトリロは、アルコール依存症の治療のため描いた絵画にすばらしい才能を発揮し、1909年にサロン・ドートンヌに初出品。この頃、白を基調とした作品で白の時代と呼ばれ、名声を得る。1928年にはレジオン・ドヌール勲章を受け、55年にはパリ名誉市民となりましたが、まもなく旅先のホテルで急死。まさにユトリロの画業と人生を辿る大回顧展。
  《ノルヴァン通り、モンマルトル》 1912-1914年頃
  《パリのサン=セヴラン教会》1910-12年頃
  《可愛い聖体拝受者》、トルシー=アン=ヴァロワの教会(エヌ県) 1912年頃
  《サン=メダール教会とムフタール通り》1913年
  《モンマニーの3本の通り(ヴァル=ドワーズ県)》1908年頃
  《アングレームのサン=ピエール大聖堂(シャラント県)》1935年  など

解説会:5/13(土)午後2時〜 2階講堂、学芸員による、先着100人

ギャラリートーク:6/10(土)先着20人

子どもギャラリーツアー:5/20(土)
 小学1〜3年生と保護者:午前10時20分〜11時
 小学4〜6年生と保護者:午前11時30分〜午後0時10分  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー