ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10649] 【長崎】県美術館/愛の軌跡 マリー・ローランサン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/08(Mon) 23:45:12

 出島近くの長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17では、女流画家の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「愛の軌跡 マリー・ローランサン展」〜6/18(日)
    5/22(月)、6/12(月)休館
    開館時間:午前10時〜午後8時(入館は7時30分まで)
    入館料金:一般1200円 高大生・70歳以上900円 小中生700円
           障害者手帳保持者及び介護者1名は前売料金(各200円引き)

 フランスの女性画家マリー・ローランサン(1883-1956)は、グレーとパステルカラーの組み合わせにより、夢見るような少女や憂いを帯びた女性たちの姿を抒情的に描いた。20世紀初頭のパリで、画家ピカソや恋人となる詩人のアポリネールらとの出会いを通じて自らの作風を模索したローランサンは、二つの世界大戦を経験した激動の時代を生き抜く中で、彼女は独自の詩情豊かな世界を確立する。マリー・ローランサン美術館の油彩から素描、版画、装飾関係の仕事まで約100点の優品により、初期から晩年までの画業をたどる。
  《花瓶の花》1906−07年頃
  《自画像》1905年頃
  《ニルス・フォン・ダルデル》1913年
  《お城の生活》1925年
  《らっぱをもって》1929年
  《鳩と花》1935年頃
  《音楽》1944年頃 
  《三人の若い女》1953年頃 など

学芸員によるギャラリートーク(展示解説):5/20(土)6/10(土)午後2時30分〜

母の日の親子鑑賞会:5/13(土)、14(日) (1)午前10時30分〜 (2)午後1時30分〜 約40分
対象:子ども(小学4年生以上)と大人の1組  定員5組程度先着
 (開始30分前からカフェ前「橋の回廊」で受付)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー