ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10641] 【広島】県立歴史博物館/卑弥呼の時代の備後南部 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/01(Mon) 23:46:37

 福山市の広島県立歴史博物館(草戸千軒ミュージアム)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=45では、弥生時代の地元の考古学の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春の展示「卑弥呼の時代の備後南部」〜6/4(日)
    月曜休館
    入館料金:一般 290円 大学生 210円 高校生以下無料
 弥生時代後期の終わり頃に生きた卑弥呼の時代は、本格的に稲作が広まり、クニが生まれ王が出現し、大きな連合が形成され古墳時代に向かう。本展では弥生時代後期を「卑弥呼の時代」とし,土器・集落・墳墓などの展示をとおして古墳時代を迎えるまでの備後南部の社会の様子を紹介する。
第1章 新たな時代のはじまり−弥生時代ってどんな時代?−
  弥生時代前期の土器
  稲の穂を刈る石包丁 
第2章 卑弥呼の時代の土器−備後南部とその周辺−
  弥生時代後期の備後南部の土器(福山市教育委員会蔵)
第3章 卑弥呼の時代のムラと墳墓
  器台形土器・壺形土器   など

開催記念講演会
5/20(日)「卑弥呼の時代の備後南部」中山 愉希江氏(主任学芸員)午後2〜3時30分
6/3(土)「卑弥呼の共立と倭国の新生」寺沢 薫氏(桜井市纏向学研究センター所長)午後2時30分〜4時

展示解説会:5/5(金・祝),5/27(土)午後1時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー