ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10605] 【京都】高麗美術館/上田正昭と高麗美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/03(Mon) 23:58:56

 京都・上賀茂の高麗美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=3では、当館の運営に大きな功績のあった歴史学者・上田正昭に関する展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「上田正昭と高麗美術館」 〜7/17(月・祝)
     水曜休館(ただし5/3は開館)(4月より定休日変更)
     入館料金:一般500円 高大生400円 中学生以下は無料 65歳以上の方は2割引 
            障害者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
 昨年3月13日に急逝された第二代館長、上田正昭氏は、国を超えた民衆交流の実践と東アジアへの歴史の視点を示し、高麗美術館の基本理念である『民際』へと受け継がれた。
 上田正昭氏が1969年「日本のなかの朝鮮文化」創刊当時より、高麗美術館創設者の鄭詔文や作家・金達寿、司馬遼太郎とともに日本各地へ渡来人の痕跡を発掘する作業を続け、古代朝鮮半島と日本の交わりを地方の視点から見直すという歴史の新たな視座を開いた。上田正昭氏所蔵の『広開土王碑拓本』を展示し、朝鮮通信使資料を公開する。
   『広開土王碑拓本』展示期間:第1面 4/3〜4/25
                     第2面 4/27〜5/23
                     第3面 5/25〜6/20
                     第4面 6/22〜7/17
   (期間中、拓本を再度見学希望者は半券提示で入館100円引き)

ギャラリートーク:4/15(土)16(日)5/20(土)21(日)6/17(土)18(日)7/15(土)16(日)午後2時〜約1時間

記念シンポジウム「上田正昭と私」(仮称)4/30(日)午後2〜4時30分
   ハートピア京都(地下鉄烏丸線 丸太町駅5番出口すぐ)にて 美術館へ電話予約、先着200名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー