ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10604] 【大阪】あべのハルカス美術館/マティスとルオー[4/4(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/03(Mon) 23:43:54

 あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20
では、フランス近代美術の展示が4/4(火)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「マティスとルオー−友情50年の物語−」4/4(火)〜5/28(日)
     4/10(月)17(月)24(月)5/8(月)休館
    午前10時〜午後6時(火〜金と5/3(水・祝)〜7(日)は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生500円
            障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名半額
 かたや色彩画家、かたや宗教画家、フランス近代絵画の巨匠として輝かしい足跡を残したアンリ・マティス(1869〜1954)とジョルジュ・ルオー(1871〜1958)。パリの国立美術学校のギュスターヴ・モロー教室の同級生であった二人は、生涯、交流を続け、互いの創造活動を尊重し、支援し合った。近年発見された往復書簡とともに、それぞれの個性を浮き彫りにする国内外の名品を通して、半世紀にわたる友情と芸術の軌跡を紹介。
  アンリ・マティス《スヒーダムの瓶のある静物》1896年
           《馬、女、曲芸師》「ジャズ」より 1947年
           《肘掛椅子の裸婦》 1920年 DIC川村記念美術館蔵
  ジョルジュ・ルオー《秋の夜景》 1952年
             《聖顔(聖骸布)》によるタピスリー 1937年
             《聖ジャンヌ・ダルク−古い町外れ》1951年  など

記念講演会: 4/4(火)あべのハルカス25階会議室にて、定員150名(先着順)
        午後2〜3時(当日の1時30分より、あべのハルカス25階にて受付)入館券のみ
「わが祖父、ジョルジュ・ルオー」ジャン=イヴ・ルオー氏(ジョルジュ・ルオー財団理事長、ルオーの孫)


4/21(金)あべのハルカス25階会議室にて、定員270名(先着順)
       午後6〜7時(当日の5時30分より、あべのハルカス25階にて受付)入館券のみ
「山田五郎アートトーク」山田五郎氏(評論家)

ギャラリーツアー:学芸員による:4/19(水)5/17(水)午後6時30分より(約30分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー