ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10597] 【静岡】ベルナール・ビュフェ美術館/代表作から見るビュフェの半世紀 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/01(Sat) 20:41:03

 長泉町クレマチスの丘のベルナール・ビュフェ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=92では、ビュッフェの回顧展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀」前期:〜平成30年1/16(火)
     水曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:大人1000円 高大生500円 中学生以下無料
 画面を削るような鋭い線と抑制された色づかい、そして虚飾を廃した人物描写で特徴のベルナール・ビュフェ。
 1952年以降、ビュフェは毎年個展のために「受難」や「サーカス」といったテーマを設定して描き、「ビュフェ・スタイル」を確立し、日本でも広く反響を呼んだ。1981年のテーマにもなった「日本」シリーズや、当時ビュフェ作品の紹介に主要な役割を果たした当時の展覧会資料を紹介し、「日本とビュフェ」の密接な関係も明らかにする没後20年を前に大規模な回顧展がパリで開催されるなど再評価の流れにあるビュフェの半世紀にわたる「テーマ」への取り組みを、館蔵する代表作から再考。
  《ピカドール》油彩 1962年
  《ドン・キホーテ、鳥と洞穴》油彩 1988年
  《蝶》油彩 1963年
  《『日本への旅』 富士山と汽車》リトグラフ 1981年  など

ギャラリーツアー:毎月第4日曜日午前11時15分より(約30分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー