ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10595] 【広島】県立美術館/ターナーからモネへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/01(Sat) 20:38:59

 縮景園横の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3では、英国の美術館のコレクションから、西洋画の展覧会を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」〜5/28(日) 
     会期中無休
     午前9時〜午後5時(金曜と4/1〜4/9は8時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1300円 高大生900円 小中生500円
           身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
               及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額           ワンコイン縮景園:本展入館券の提示により、100円で縮景園に入園
           県美×現美×ひろ美 相互割引:本展チケット(半券可)提示で、
             広島市現代美術館「殿敷侃:逆流の生まれるところ」〜5/21(日)
             ひろしま美術館「ピーターラビット展」4/15(土)〜6/4(日)   を100円引き
 1907年に設立の英国ウェールズ国立美術館のコレクションより、19世紀から20世紀初頭にかけて英仏で活躍した画家たちによる70点余りの作品を展観。ターナー、ミレーやクールベなど写実主義の画家、モネや印象派の巨匠、印象派以後の画家の作品等を一堂に紹介。
   クロード・モネ 《サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏》 1908年
   ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 《難破後の朝》
   ジャン=フランソワ・ミレー 《突風》 1871-73年
   ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 《麗しのロザムンド》 1861年
   オーギュスト・ルノワール 《会話》 1912年
   ジェームズ・ティソ《別離》1872年
   エドゥアール・マネ《プチ=モンルージュ、雪景色》1870年  など

記念講演会:5/13(土)地階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時)定員200名(先着順)無料、申込不要
「技法を読み解く―ターナーからモネへ―」森 直義氏(森絵画保存修復工房代表)

美術講座:5/20(土)地階講堂にて、午後1時30分〜2時30分(開場1時) 定員200名(先着順)無料、申込不要
「光の表現―ターナーからモネへ―」山下寿水氏(学芸員)

ワークショップ「水辺の風景を描こう」4/22(土)午後1時30分〜4時、
  難波平人氏(広島大学名誉教授)
  1階ロビーにて、 定員20名 年齢制限なし、材料費500円、電話で要事前申込
  展覧会を観覧後、縮景園で水辺の風景を描く(画用紙、色鉛筆は館で用意。水彩絵の具は要持参)
        雨天時は、美術館内で実施。完成作品は館内ロビーに展示(希望者のみ)。

ギャラリートーク(学芸員による):4/7、28・5/12・26(金) 午前11時〜、午後6時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー