ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10591] 【京都】泉屋博古館/山水に遊ぶ ―雪舟、竹田、そして鉄斎 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 23:50:40

 京都東山の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=33では、山水画の展示が開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「楽しい隠遁 山水に遊ぶ ―雪舟、竹田、そして鉄斎」〜5/7(日)
      月曜と4/25(火)は休館
      入館料金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
 文人達は、世間の喧噪を離れた清雅な庵で、四季の移ろいを楽しみ、時には気のあった友と語り合い、お茶やお酒を嗜む、こういう隠遁生活こそが理想と考え、その思いを様々な形で表現した。主に日本の文人たちが理想の隠遁空間をイメージして描いた山水画や、彼らが愛玩した中国の細緻な文房具の名品を中心に紹介。
   雪舟 《漁樵問答図》 室町時代・15世紀
   田能村竹田 《梅渓閑居図》 江戸・文政10年(1827)
   富岡鉄斎 《掃蕩俗塵図》  大正6年(1917)
   小田海僊 《酔客図巻》 江戸・文政7年(1824)
   岡田半江 《渓邨春酣図》 江戸・天保11年(1840)
   十時梅 《十便十宜帖》より「釣便図」 江戸・寛政13年(1801)
   竹林七賢図筆筒 明〜清時代 17世紀
   太湖石置物 明〜清時代 17世紀
   白玉香炉 清時代 18世紀  など

上記期間中、青銅器館では「中国青銅器の時代」を開催

ワークショップ :4/15(土) 、4/16(日)午前10時〜、午後0時45分〜、2時30分〜(定員:各回20名)
「鋳物体験−古印をつくろう−」(10歳以上対象 当館講堂にて)
   新郷英弘、八木孝弘、樋口陽介(芦屋釜の里)
   参加費:1,200円(入館料別途)
      要予約、電話075-771-6454(状況次第で当日受付も可)
 
ギャラリートーク:学芸員、午後2時から。
「楽しい隠遁 山水に遊ぶ」4/1(土)野地耕一郎氏(分館長) 
                 4/8(土) 外山 潔氏(上席研究員)
「中国青銅器の時代」5/6(土)廣川 守氏(副館長) 
 青銅器館は、毎日ミュ−ジアムボランティアによる解説あり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー