ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10563] 【東京】永青文庫/熊本城−加藤清正と細川家−[3/18(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/12(Sun) 23:53:19

 目白の永青文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=116では、熊本復興を願う熊本城の特別展が3/18(土)より開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春季展示「熊本城−加藤清正と細川家−」前期:3/18(土)〜4/23(日)
                    後期:4/25(火)〜6/4(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)   
    入館料金:一般800円 シニア(70歳以上)600円 高大生400円 中学生以下:無料
         ※障害者手帳を提示の方と介護者1名は無料
 熊本地震発生から1年。2度の震度7の地震により、熊本のシンボルである熊本城そして数多くの文化財が甚大な被害を蒙った。
 肥後熊本細川家に伝わる文化財を保存・公開する永青文庫で、館蔵の史料や美術工芸品等を通じ、熊本城と細川家の歴史・文化を振り返る。
 加藤清正が築き、細川忠利入城以来240年細川家が守り伝えた熊本城の姿。忠利が客人として招いた宮本武蔵。繰り返された熊本城の被災と普請。参勤交代で使用された御座船・波奈之丸など、熊本城にまつわる歴史を多方面から紐解く。
  紫糸素懸威鉢巻形兜(細川忠利所用)江戸時代(17世紀)
  菊桐紋蒔絵螺鈿徳利(加藤清正所用)桃山〜江戸時代(16〜17世紀)
  熊本総絵図 文久元年(1861)以降
  五輪書 宮本武蔵筆・寺尾勝延書写 江戸時代(17〜19世紀)
 『部分御旧記 災変部』寛永10年(1633)5月11日付
  御船賦之図 橋本又左衛門筆 明治時代(19世紀)
  熊本城下図(自代継社至御花畑)
  熊本城之図 赤星閑意筆 明治時代(19世紀)【前期展示】
  細川忠利像 矢野三郎兵衛吉重筆・沢庵宗彭賛 寛永18年(1641)【前期展示】
  重要文化財 紅梅鳩図 宮本武蔵筆 江戸時代(17世紀) 【前期展示】  
  重要文化財 鵜図 宮本武蔵筆 江戸時代(17世紀)【後期展示】
  細川忠利像 海門宗音賛 江戸時代(18世紀) 【後期展示】 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー