ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10558] 【東京】国立新美術館/ミュシャ展 [3/8(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/07(Tue) 22:51:46

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=72では、3/8(水)から、ミュシャの大きな展覧会が開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 「ミュシャ展」 3/8(水)〜6/5(月)
     火曜日休館(ただし、5/2(火)は開館)
     開館時間:午前10時〜午後6時(金曜と4/29(土)〜5/7(日)は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円
          中学生以下および障害者手帳を持参者(付添者1名を含む)は無料
          3/18(土)19(日)20(月・祝)は高校生無料(要学生証提示)
 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音ムハ、1860-1939)は、オーストリア=ハンガリー帝国領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、27歳でパリに渡って活躍し、50歳で故郷に戻り、晩年の17年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1911-1928年)を制作。
 本展はこの、スラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクル作品《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開。パリで活躍したミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約100点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌を一挙、紹介。
  《自画像》1888年 鉛筆/紙
  《ジスモンダ》1895年 リトグラフ/紙
  《蛇のブレスレットと指輪》1899年 金、エナメル、オパール、ダイヤモンド
  《四つの花「カーネーション」「ユリ」「バラ」「アイリス」》1897年 リトグラフ/紙
  《四芸術「詩」「ダンス」「絵画」「音楽」》1898年 リトグラフ/紙
  《スラヴの連帯》1910-11年 油彩/カンヴァス
  《1900年パリ万国博覧会「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館」壁画の下絵》1899-1900年 墨/紙
  《自力II 犠牲と勇気 プラハ市民会館壁画(下絵)》1911年 油彩/カンヴァス
  《ヒヤシンス姫》1911年 リトグラフ/紙
  《第6回ソコル祭》1912年 リトグラフ/紙
  《スラヴ叙事詩「原故郷のスラヴ民族」》1912年 油彩、テンペラ/カンヴァス
  《スラヴ叙事詩「スラヴ式典礼の導入」》1912年 油彩、テンペラ/カンヴァス
  《スラヴ叙事詩「東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン」》1923年 油彩、テンペラ/カンヴァス
  《スラヴ叙事詩「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラディナ会の誓い」》1926年(未完成) 油彩、テンペラ/カンヴァス
  《スラヴ叙事詩「スラヴ民族の神格化」》1926年 油彩、テンペラ/カンヴァス  など

記念講演会:3/8(水)3階講堂にて、午後2〜3時30分(1時30分開場)定員260名(先着順)入館料のみ
「ミュシャとムハ、アール・ヌーヴォーから《スラヴ叙事詩》への道」
     ヴラスタ・チハーコヴァー(美術評論家・ミュシャ展共同監修者)

「チェコビーズで楽しむビーズ織り講座」4/22(土)30(日)午後2時30分〜4時、3階研修室Aにて
  佐古孝子氏(ビーズ織り作家、「サコタカコ創作ビーズ織り」
  対象:中学生以上、未経験者も歓迎 定員各回とも30名(事前申込制) 入館券のみ
応募方法:往復はがきに
 往信:参加希望日、希望人数(1グループ2人まで)、代表者の住所・電話番号、参加希望者全員の氏名・年齢
 返信:返信先の郵便番号、住所、氏名
 応募先〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞社 文化事業部内「ビーズ織り講座担当」宛て
 3/21(火)消印有効 、はがき1枚で1グループ2人まで、どちらかの回のみ、応募多数の場合は抽選

「チェコアニメ上映会」3階講堂にて、5/5(金・祝)6(土)7(日)午前11時〜正午、:午後2〜3時
 日本語字幕付き、定員260名(先着順、入替制) 入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー