ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10544] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/うつわ ドラマチック展[3/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/05(Sun) 16:00:19

 甲賀市信楽の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=32で3/11(土)から開催される展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画「うつわ ドラマチック展」3/11(土)〜6/11(日)
   月曜休館(3/20(月)は開館、3/21(火)休館)
   入館料金:一般700円 高大生500円
         中学生以下および、
         身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
 やきもののシンボルである“うつわ”は世界各地でつくられ、暮らしの中で用いられ、現代には用途を離れやきものの美を表現するテーマのひとつになっている。
 イギリスでは用と美の融合を探求したバーナード・リーチらを先駆けとし、ルーシー・リーに続く作家たちは、使う器から、魅せる“うつわ”へとその美の領域を広げた。戦後の国々がたどったそれぞれの 道筋、そしてつくり手たちの個性−。世界の陶芸家たちが“うつわ”の中にドラマチックに映し出す、美の競演をみる。
《シーン1 うつわから広がる美/イギリス》バーナード・リーチ、ルーシー・リー、ハンス・コパー ら
《シーン2 企ての美/アメリカ》ピーター・ヴォーコス、ウォーレン・マッケンジー、マリリン・レヴィン ら
《シーン3 日常×アート ティーポット/アメリカ、カナダ、イギリス》フィリップ・コーネリアス、アン・クラウス ら
《シーン4 静物画家モランディへのオマージュ/オーストラリア》グイン・ハンセン・ピゴット
《シーン5 北欧・陶芸とデザイン/デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド》べンテ・ハンセン(デンマーク)、
   アルネ・オーセ(ノルウェー)、スティグ・リンドベリ(スウェーデン)、ビルガー・カイピアイネン(フィンランド) ら
《シーン6 土の美・釉薬の美/スペイン、スイス》クラウディ・カサノバス(スペイン)、エドゥアール・シャパラ(スイス)
《シーン7 “うつわ”イマジネーション/オランダ、ドイツ、スイス、チェコ、エストニア、オーストリア》
 バブス・ハーネン(オランダ)、ウルスラ・シャイト(ドイツ)、フィリップ・バルド(スイス)、ウラディミール・グロフ+西田 泰代(チェコ)
 イングリッド・アリック(エストニア)、ローズマリー・ベネディクト(オーストリア)ら
《シーン8 アイデンティティーを映し出す“うつわ”/台湾、ガーナ》張 清淵(台湾)、ジェームス・クワメ・アモア(ガーナ)
《シーン9 “うつわ”静寂の美、技の妙/日本》富本憲吉、濱田庄司、徳田八十吉、小川待子 ら
ギャラリートーク:3/26(日)、4/30(日)、5/28(日) 午後1時30分から

つちっこ“うつわ”講座「オリジナル仕切り皿づくり」3/25(土)午後1〜4時、桝本 佳子氏 要事前申込

ギャラリー企画
平成28年度「ゲスト・アーティスト3人展」3/11(土)〜4/23(日)
平成28年度「ゲスト・アーティスト 武村和紀展」4/29(土・祝)〜6/11(日)

「信楽作家市」5/2(火)〜5/5(金・祝) 陶芸の森太陽の広場にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー