ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10537] 【兵庫】陶芸美術館/丹波焼と三田焼[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/03(Fri) 23:27:28

 篠山市立杭の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=130で3/4(土)から開催される展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「丹波焼と三田焼の粋を集めて−森基コレクションの名品−」3/4(土)〜5/28(日)
   月曜休館(3/20(月・祝)は開館し、3/21(火)は休館)
   開館時間:午前10時〜午後6時(4/1からは7時まで、4/29〜5/5は9時まで、入館はいずれも閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
          夜間(午後5時以降)半額
          高齢者、障害のある方は割引
 実業家森基(もり・はじむ)氏が収集した、兵庫県下で製作された代表的な古陶磁である丹波焼(兵庫県篠山市)と三田焼(同三田市)。
 平安末期(12世紀後半)に始まり、室町時代までは壺・甕(かめ)・擂鉢(すりばち)という実用品を製作し、室町後期から江戸初期には、徳利や茶道具も新たに製品に加わった丹波焼。明るい赤茶色に焼き上がった土肌や、焼成中に薪の灰が降りかかって溶けた、緑色の自然釉(しぜんゆう)が見所。
 宝暦年間(1751〜64)に志手原窯(しではらがま)が開かれ、寛政11年(1799)には、三田の商人神田惣兵衛が出資し、三輪明神窯(みわみょうじんがま)が開かれた三田焼。京都伏見の陶工で人形師でもある欽古堂亀祐(きんこどうかめすけ)によって、土型で成形する技術が導入さ、緑色の釉薬が施された青磁は三田焼の代名詞。
 本展では、森氏のコレクションから丹波焼77点と三田焼82点を選りすぐり、参考作品も合わせた計164点を紹介。
    丹波 壺 室町時代前期
    丹波 大徳利 桃山時代 
    丹波 白泥鉄絵鶴文浮徳利 江戸時代後期 
    三田 青磁桐鳳凰文盃洗 江戸時代後期 
    三田 染付唐獅子牡丹文皿 江戸時代末期〜明治時代 
    三田 色絵鶴図鉢 江戸時代末期〜明治時代   など

「釉薬づくりに挑戦!〜私の三田青磁〜」4/22(土)午前1時30分〜4時
   工房、展示棟にて、定員20名、参加費:2,500円
   館サイトにて申込

トークショー:4/29(日・祝)研修棟1階 セミナー室 午後2〜3時30分(開場は1時30分)定員110名(事前申込制)無料
「私の蒐集物語−丹波焼と三田焼への愛を語る−」森基氏
   館サイトにて申込
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー