ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10532] 【東京】根津美術館/高麗仏画 香りたつ装飾美[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:34:25

 表参道の根津美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=46では、高麗仏画の展示が3/4(土)から開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「高麗仏画 香りたつ装飾美」3/4(土)〜3/31(金)
   月曜休館(3/20(月・祝)は開館、翌21日(火)休館)
   入館料金:一般1300円 高校生以上1000円
         20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料

 朝鮮半島全域を統一した最初の王朝、高麗(九一八〜一三九二)は、仏教を国の支柱と定め、仏教文化をはぐくんだ。本展は、威厳に満ちた阿弥陀如来像、このうえなく優美な水月観音像、堂々たる姿の地蔵菩薩像、そして金銀で加飾された写経や仏具など、三十八件の十一〜十四世紀の高麗仏画の名品を一堂に展示し、日本の仏教絵画とは趣きの異なる、隣国に花開いた静粛なる美の世界を堪能する。
  重要文化財 水月観音像 徐九方(ソグバン)筆 1323年(至治3年・忠粛王10年) 
  重要文化財 阿弥陀如来像 1306年(大徳10年・忠烈王32年)
  重要文化財 地蔵菩薩像 13〜14世紀 
  阿弥陀三尊像 13〜14世紀 
  万五千仏図 13世紀    など

講演会:講堂にて、午後2〜3時30分、定員先着130名(事前申込制)入館料のみ
3/19(日)「高麗仏画の領分−中国・日本の仏画との比較から見えてくる世界−」
            井手誠之輔氏(九州大学大学院 人文科学研究院教授)
3/26(日)「仏への祈りでたどる高麗史」森平雅彦氏(九州大学大学院 人文科学研究院教授)
申込方法:館サイトの申込フォームか、
 往復葉書(1人1枚)で、参加希望講演会名、住所、氏名、(返信面にも)、電話番号を明記し
 〒107-0062 港区南青山6-5-1 根津美術館講演会係  

スライドレクチャー(事前申込不要)講堂にて、担当学芸員による、午後1時30分より約45分、定員先着130名
3/10(金)「高麗のほとけたち」
3/17(金)「高麗仏画の色とかたち」
3/24(金)「高麗仏画の修復と発見」

☆興福寺中金堂再建記念・特別展示「再会−興福寺の梵天・帝釈天」〜3/31(金)
  明治維新の神仏分離・廃仏毀釈によって流出した寺宝のうち、興福寺に残った梵天立像とともに13世紀初めに康慶門下の仏師・定慶によって作られた帝釈天像。中金堂の落慶を2018年に控え、112年ぶりに両天が再会。
   重文 梵天立像 定慶作 鎌倉時代 建仁2年(1202)興福寺蔵
   帝釈天立像 定慶作 鎌倉時代 建仁元年(1201)根津美術館蔵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー