ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10529] 【滋賀】大津市歴史博物館/ 村の古地図−志賀地域を歩く−[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:54:13

 大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1では、志賀地域の古地図を3/4(土)から展示されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆志賀町・大津市合併10周年記念展「村の古地図−志賀地域を歩く−」3/4(土)〜3/26(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般:320円 高大生240円 小中生160円
           大津市内在住の65歳以上の方は、一般料金の半額。
           大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者及び要支援者の方と介護者1名は無料(要証明)
 志賀町と大津市が合併して10年を記念し、志賀地域にあたる和邇・木戸・小松学区各地域に残る、江戸時代から明治時代にかけての村や自然の景観を描き込んだ古地図を展示し、その移り変わりを紹介。
 町史編纂時に調査・整理され、大切に保管されている古地図には、江戸時代の検地に際して作成された絵図や、村々による山林や河川の共同管理、境界争いの際に領主(幕府や大名)から下された裁許絵図、さらには明治時代の地租改正に伴って作られた地籍図など、内容豊かな古地図が残されている。細部をよく眺めると、田畑や山林だけでなく、現在につながるかつての景観が描かれている。
 本展では、江戸時代や明治時代の志賀地域の村々の絵図や地籍図を展示。
    いさざ漁村々絵図 江戸時代:琵琶湖に接する志賀町域の村々の位置がわかる
    比良庄絵図写 江戸時代:比良庄の範囲をめぐる争いの足跡! 室町時代の荘園絵図
    和邇中村絵図:江戸時代 村の全体像がよくわかる!
    小野村絵図 江戸時代:小野妹子伝承の地! 江戸時代の小野村を描いた村絵図
    霊仙山他山論絵図 寛永6年(1629):境界争いが周囲の村々の仲介によって解決!
    北小松村絵図 天保2年(1831)相給村落の様子がよくわかる!    など


関連講座:3/11(土) 午後2時〜 博物館にて、事前申込制、500円、定員100名、応募多数の場合は抽選
「描かれた江戸時代の村社会」水本邦彦氏(京都府立大学・長浜バイオ大学名誉教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー