ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10528] 【東京】国立西洋美術館/シャセリオー展[2/28(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:53:25

 上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126では、フランス・ロマン主義時代の画家の展覧会が2/28(火)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」2/28(火)〜5/28(日)
     月曜休館(3/20、3/27、5/1は開館)、3/21(火)休館
     午前9時30分〜午後5時30分(金曜は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円
           中学生以下は無料。
           心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
 11歳でアングルに入門を許されたテオドール・シャセリオー(1819-1856)は、ロマン主義の潮流の中で古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげた。アルジェリアを旅してオリエンタリスム(東方趣味)の画家ともいわれるが、カリブ海のスペインの旧植民地に生まれ、独自の芸術の道を模索したこの画家自身が内面に異邦的(エキゾティック)なるものを持ち、観る者の心をうつ。本展では、ルーヴル美術館所蔵品を中心に、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約10点、写真や資料などによってシャセリオーの画業全体を紹介し、影響を受けたギュスターヴ・モローやピュヴィス・ド・シャヴァンヌらの作品約20点もあわせて展示し、ロマン主義から象徴主義への展開、そしてオリエンタリスムの系譜のなかでその芸術の意義を再考する。
  テオドール・シャセリオー
    《カバリュス嬢の肖像》1848年 油彩・カンヴァス
    《アポロンとダフネ》1845年 油彩・カンヴァス
    《自画像》1835年 油彩・カンヴァス
    《気絶したマゼッパを見つけるコサックの娘》1851年 油彩・板
    《アクタイオンに驚くディアナ》1840年 油彩・カンヴァス  など


講演会:地下2階講堂にて、午後2〜3時30分(開演の30分前から入場)、定員:各回先着140名、
当日正午より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方1人につき1枚聴講券を配付

3/2(木)「シャセリオーと自然」ヴァンサン・ポマレッド氏(ルーヴル美術館文化メディエーション部長)※同時通訳付き
4/2(日)「テオドール・シャセリオーと聖堂装飾」喜多崎 親氏(成城大学教授)
5/13(土)「シャセリオーと会計検査院の大壁画」陳岡めぐみ氏(主任研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー