ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10527] 【和歌山】田辺市立美術館/生誕110年記念 吉岡堅二展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:52:27

 田辺市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=11では、現代の日本画家の回顧展が開催されています。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕110年記念「吉岡堅二展」〜3/26(日)
    月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
    入館料金:大人600円 学生及び18歳未満は無料
 吉岡堅二(1906-1990)は日本画家吉岡華堂の次男だが、堅二は一時期彫刻家を目指すものの、1921(大正10)年、15歳のときに、華堂と親交のあった画家、野田九浦に入門して、父と同じ日本画の道を歩み始めた。日本画の伝統的な技法で20歳のときには帝展に初入選し、1930(昭和5)年の帝展では特選を受賞するが、この頃より西洋絵画の手法を取りこみ新しい感覚の日本画を発表して注目される。
 戦後間もなくに、山本丘人、上村松篁らとともに「創造美術」を旗揚げし、以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」においても、現代的な日本画の表現を世に問う。1959(昭和34)年から東京藝術大学の教授に就任して後進の指導にあたり、法隆寺金堂壁画の模写にも関わる。多彩な活動で、1990(平成2)年に83歳で亡くなった吉岡堅二の芸術を、初期から晩年までの作品約40点によって振り返る。  《氷原》1940年
  《熱帯植物と蛾》1935年
  《濤》1939年
  《群鶏》1953年
  《黒鳥屏風》1978年  など

展示解説会:3/4(土)午後2時〜 学芸員による

記念講演会:3/18(土)午後2時〜 研修室にて、入館料のみ、手話通訳つき
「吉岡堅二の軌跡」学芸員
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー